大人のための「怖いクラシック」 オペラ篇

大人のための「怖いクラシック」 オペラ篇 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年03月24日
商品形態:
電子書籍

大人のための「怖いクラシック」 オペラ篇

  • 著者 中野 京子
発売日:
2021年03月24日
商品形態:
電子書籍

「怖い絵」の中野京子による、絵画でオペラを解説する初心者向け入門書!

「怖い絵」シリーズで大人気の著者がクラシック・オペラをオールカラーで解説。
「椿姫」はマネの描いた「ナナ」を彷彿とさせる。「蝶々夫人」にドラクロワの「怒れるメディア」をイメージするのはなぜか? 他にも「ファウスト」に「空飛ぶメフィストフェレス」などオペラと名画をコラボさせて解説。オールカラーになって読みやすく美しい初心者向けクラシック・オペラの解説書。「怖い絵」の著者だから読める音楽と名画のコラボに酔いしれよう! オペラがぐっと身近になる究極の1冊!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「大人のための「怖いクラシック」 オペラ篇」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • オペラに興味があるけど、どれから見ればいいだろうか、あるいはどんな前知識が必要だろうか、などといった基本のキから紹介するオペラ解説。…わたしは、オペラへの興味というより、絵画を解説してきた著者が今度は オペラに興味があるけど、どれから見ればいいだろうか、あるいはどんな前知識が必要だろうか、などといった基本のキから紹介するオペラ解説。…わたしは、オペラへの興味というより、絵画を解説してきた著者が今度はオペラか、という好奇心から読みだしたのですが。もとは十代に向けた書籍だったこともあって、読みやすく大事なところをきちんと押さえた内容で、オペラ素人のわたしも楽しめました。男女の心の機微とか決して越えられない身分差の壁とか、物語と作者の人生との重なりにも興味がわきました。 …続きを読む
    瀧ながれ
    2021年03月28日
    20人がナイス!しています
  • 『怖い絵』シリーズで絵画を親しみやすいエンターテインメントとして語ってきた中野さんが、今度はクラシックの名曲を、有名オペラ作品を通して紹介……というか、初めてオペラに触れる人向けのオペラ入門。早川いく 『怖い絵』シリーズで絵画を親しみやすいエンターテインメントとして語ってきた中野さんが、今度はクラシックの名曲を、有名オペラ作品を通して紹介……というか、初めてオペラに触れる人向けのオペラ入門。早川いくをさんとの共著『怖いへんないきものの絵』で味をしめたのか、軽い調子の対談形式でサクサク読めた。しかし、元々中高生向けに書かれた単行本の再文庫化にこの安易なタイトルは、『怒れるメディア』の表紙ともどもあまり合ってない気がする。なんでも『怖い~』にすればいいってモンじゃないでしょ。 …続きを読む
    活字スキー
    2021年04月06日
    15人がナイス!しています
  • 中高生向けの単行本→大人向けに文庫化→タイトルを変えて再文庫化という変遷のためか、他のシリーズに比べて浅め、かつ「怖い」要素への着目もありません。記号的な人物による対話形式の説明も邪魔なように思えまし 中高生向けの単行本→大人向けに文庫化→タイトルを変えて再文庫化という変遷のためか、他のシリーズに比べて浅め、かつ「怖い」要素への着目もありません。記号的な人物による対話形式の説明も邪魔なように思えました。 …続きを読む
    ふゆきち
    2021年03月26日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品