DOUBT 東京駅おもてうら交番・堀北恵平

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041108413

DOUBT 東京駅おもてうら交番・堀北恵平

  • 著者 内藤 了
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041108413

ゴミに埋もれた複数バラバラ遺体、その正体は――人気警察×ホラー第5弾!

新人女性警察官・恵平は、最後の研修のため警察学校へ。このまま卒業して一人前にやっていけるのか、焦る恵平。一方、青年刑事の平野は、清掃工場のゴミ集積プールで複数の遺体を発見する。人間をゴミ同然に捨てて快感を得るシリアルキラーの犯行か、それとも――。事件を知った恵平は解決のヒントを求めて「うら交番」へ。待っていたのは、もう会えるはずのない人だった。過去と現在が繋がり、物語は加速する! シリーズ第5弾。

もくじ

プロローグ
第一章 昭和三十五年人質立てこもり事件
第二章 大都会で神隠し
第三章 清掃工場殺人事件
第四章 被害者たちが遺したもの
第五章 東京駅うら交番
第六章 ホームレス誘拐事件
エピローグ

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「DOUBT 東京駅おもてうら交番・堀北恵平」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ第5弾。堀北恵平(けっぺい)は最後の研修で警察学校で訓練中。コロナの時代を反映していながらの展開はリアル感満載。と、言っても幻のうら交番が出てくるあたりはフィクションの限りだが。ホームレスが続 シリーズ第5弾。堀北恵平(けっぺい)は最後の研修で警察学校で訓練中。コロナの時代を反映していながらの展開はリアル感満載。と、言っても幻のうら交番が出てくるあたりはフィクションの限りだが。ホームレスが続けて行方不明になり、ゴミ集積場で複数のバラバラ遺体が発見される。けっぺいの知人のホームレスも不明になり捜索を始める。うら交番に行きつくとそこには若き日の懐かしい人が…。終盤の人命救助のシーンと警察学校の卒業式はホラー小説と思えないほどの感涙もの。うら交番の柏村の謎、刑事となるけっぺいの姿が楽しみな次巻。 …続きを読む
    タイ子
    2021年04月01日
    102人がナイス!しています
  • 清掃工場のゴミ集積プールで見つかった複数の遺体。謎の失踪をとげているホームレスたちと何か関係はあるのか・・。どこか頼りない新人警察官だが、職務にかける情熱と行動力だけは人一倍のヒロイン・堀北恵平の魅力 清掃工場のゴミ集積プールで見つかった複数の遺体。謎の失踪をとげているホームレスたちと何か関係はあるのか・・。どこか頼りない新人警察官だが、職務にかける情熱と行動力だけは人一倍のヒロイン・堀北恵平の魅力が詰まったシリーズだ。ホームレスたちとの人脈を生かし、真相に迫る彼女のひたむきさがいい。内藤作品の生命線はキャラ造形にあり。特に奇抜なトリックが使われているわけでもなく、犯人捜しの意外性があるわけでもない。ただひたすら、頑張っているヒロインを応援したくなる。「うら交番」樫村巡査の秘密も気になる次作が楽しみ。 …続きを読む
    utinopoti27
    2021年05月14日
    99人がナイス!しています
  • 「いいとか悪いとか、正しいとか正しくないとか、価値観の押しつけは間違っている」と思う恵平の言葉は腑に落ちる。だとしても彼女の側にいる人達を描写する青臭い理想論に清々しくも苦々しい思いは禁じ得ないが、そ 「いいとか悪いとか、正しいとか正しくないとか、価値観の押しつけは間違っている」と思う恵平の言葉は腑に落ちる。だとしても彼女の側にいる人達を描写する青臭い理想論に清々しくも苦々しい思いは禁じ得ないが、そうした愛すべき人間たちと凄惨な犯行のギャップがこの作品の魅力と云えるだろう。そして、彼女を誘う“うら交番”の謎が少しずつベールを捲り始めたようで興味は尽きない。さて、物語はリアルタイムにコロナの現代をなぞっているが、何年か経って再読したときにあの頃はそんなこともあったな…と回想で済むのだろうか?それとも… …続きを読む
    sin
    2021年04月05日
    69人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品