LIVE 警察庁特捜地域潜入班・鳴瀬清花

LIVE 警察庁特捜地域潜入班・鳴瀬清花

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年05月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041135631
label

LIVE 警察庁特捜地域潜入班・鳴瀬清花

  • 著者 内藤 了
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年05月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041135631

奇妙な花嫁人形に隠された秘密に迫る、警察シリーズ第2弾!

新設部署「特捜地域潜入班」の一員となった刑事・鳴瀬清花。
かつての上官・返町から、潜入班の許へ奇妙な調査依頼が舞い込む。
「青森の旧家で起きた火災の現場から、“変なもの”が発見されたので調査してほしい」――
現場に潜入した清花たちが目にしたのは、焼け残った土蔵に保管された14体の花嫁人形だった。
謎の鍵を握る屋敷の当主は焼死。
人形の秘密を探っていく中で、清花は戦慄の真相に辿り着く! 
新ヒロインの警察小説、第2弾。
新設部署「特捜地域潜入班」の一員となった刑事・鳴瀬清花。
かつての上官・返町から、潜入班の許へ奇妙な調査依頼が舞い込む。
「青森の旧家で起きた火災の現場から、“変なもの”が発見されたので調査してほしい」――
現場に潜入した清花たちが目にしたのは、焼け残った土蔵に保管された14体の花嫁人形だった。
謎の鍵を握る屋敷の当主は焼死。
人形の秘密を探っていく中で、清花は戦慄の真相に辿り着く! 
新ヒロインの警察小説、第2弾。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

プロローグ
第一章 ドングリ虫の町
第二章 燃えたマヨヒガ
第三章 笑わない花嫁たち
第四章 神月家の話
第五章 凍った婿と人形の花嫁
第六章 西陣織金彩貝螺鈿牡丹鶴文様色打掛
エピローグ

同じシリーズの作品

「LIVE 警察庁特捜地域潜入班・鳴瀬清花」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ第2弾。特捜地域潜入班に配属になった鳴瀬清花の次の指令は青森。班長の運転するキャンピングカーで向かうは山奥に建つ豪邸。その豪邸は火事で焼け落ち、今や全てが焼き尽くされた残骸のみ。だが、隣に立つ シリーズ第2弾。特捜地域潜入班に配属になった鳴瀬清花の次の指令は青森。班長の運転するキャンピングカーで向かうは山奥に建つ豪邸。その豪邸は火事で焼け落ち、今や全てが焼き尽くされた残骸のみ。だが、隣に立つ蔵の中にそれは静かに佇んでいた。ここからゾワリ、ゾワリの連続。何と、和装、洋装の花嫁衣裳に身を包む14体の花嫁人形たち。等身大、うぶ毛まで繊細に…。いや、これは人形じゃない。屋敷の主は火事で焼死。清花たちは人形研究会と称して調査を始める。ゾワリがジワリ、ジワリがホロリと変わる真実の行方。親の愛は怖いほど深い。 …続きを読む
    タイ子
    2023年06月18日
    97人がナイス!しています
  • 警察庁特捜地域潜入班警部補成瀬清花。神奈川県警の女性警部捕として出世コースにあったが、ある事件で被疑者を自死させる失態を演じ閑職に、左遷先は土井班長以下はみ出し者で創設された新部署・・「青森野辺路の旧 警察庁特捜地域潜入班警部補成瀬清花。神奈川県警の女性警部捕として出世コースにあったが、ある事件で被疑者を自死させる失態を演じ閑職に、左遷先は土井班長以下はみ出し者で創設された新部署・・「青森野辺路の旧家神月家の屋敷火災現場から変なものが見つかった」清花の元上司からの調査・出動要請、清花は土井班長とともに潜入調査を開始する。「変なもの」とは焼け残った土蔵の十四体の「花嫁人形」、蔵の奥には表面が歪曲した作業台、特殊な窯や匕首そして「ヤマヒト様」伝承。明らかになる真相は悍ましい。シリーズ第二弾。面白く読了。 …続きを読む
    たっくん
    2023年09月01日
    95人がナイス!しています
  • 一作目である前作には主人公の仕事と家庭での失意や、転任した部署のその捜査や逮捕をしない立場に抱いた違和感から、いまひとつ話に興が乗らなかったが、一転して本作ではまるで猟奇殺人を匂わせて犯罪と風習の境界 一作目である前作には主人公の仕事と家庭での失意や、転任した部署のその捜査や逮捕をしない立場に抱いた違和感から、いまひとつ話に興が乗らなかったが、一転して本作ではまるで猟奇殺人を匂わせて犯罪と風習の境界に位置する様な事件?の有り様とそれに対する彼らの警察官ならぬ探偵の様なアプローチの仕方が自然で興味深く読ませて頂いた。いまだ仕事と家族の優先順位に悩む気持ちも払拭しきれない主人公だが、毎回新しい気付きに自分をアップデートする彼女をこれからも応援したいと感じている。 …続きを読む
    sin
    2023年05月31日
    69人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品