涼宮ハルヒの直観 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年11月25日
商品形態:
電子書籍

涼宮ハルヒの直観

  • 著者 谷川 流
  • イラスト いとう のいぢ
発売日:
2020年11月25日
商品形態:
電子書籍

おかえり、ハルヒ! 超待望の最新刊(2020年10月時点)、ここに登場!

不思議も異変もない日常を、ハルヒとSOS団の「直観」が読み解く!250ページを超える完全書き下ろし「鶴屋さんの挑戦」に、画集・雑誌に収録された2編の短編を加えた待望の「涼宮ハルヒ」シリーズ最新刊(2020年10月時点)!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「涼宮ハルヒの直観」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 凡そ10年ぶりの新刊!またハルヒが読める日が来るとは…。本巻はSOS団の日常を描く番外編のようなものですが、そのなかでも準長編の「鶴屋さんの挑戦」は見事でした。学校を休んで所要で出掛けている鶴屋さんか 凡そ10年ぶりの新刊!またハルヒが読める日が来るとは…。本巻はSOS団の日常を描く番外編のようなものですが、そのなかでも準長編の「鶴屋さんの挑戦」は見事でした。学校を休んで所要で出掛けている鶴屋さんから投げかけられるミステリー。なかなかに手ごわい、しっかりしたもの。そして、この世界の前提条件を思い出させ、続刊を期待させる終わり方。また、あとがきでは昨年の事件に触れていて改めて喪われた才能が悔やまれる。本書は彼らを偲ぶ墓標の意味合いもあるのかなとも思う。さて次は気長に待つことにしましょう。#ニコカド2020 …続きを読む
    ponpon
    2020年12月08日
    58人がナイス!しています
  • 9年半ぶりの新刊。『あてずっぽナンバーズ』で「あぁ、ハルヒってこんな感じだったなぁ」と懐かしい感じに。『七不思議オーバータイム』はハルヒが全然いないが七不思議を作り出すところは面白かった。『鶴屋さんの 9年半ぶりの新刊。『あてずっぽナンバーズ』で「あぁ、ハルヒってこんな感じだったなぁ」と懐かしい感じに。『七不思議オーバータイム』はハルヒが全然いないが七不思議を作り出すところは面白かった。『鶴屋さんの挑戦』は新キャラクター・Tも絡みながら、鶴屋さんから送られたメールの文章の内容を紐解く。叙述トリックなど様々な仕掛けが施されていてさすが。ミステリー系の内容だったからか、小泉が凄く喋っていた印象。彼とハルヒって凄く頭がいいんだなぁと。あの文章を読んでも最初は全然分からなかったので、キョンの地の文に好印象。 …続きを読む
    桜庭かなめ
    2020年12月06日
    55人がナイス!しています
  • 内容より気になったのが『ハルヒ』を続ける気があるかどうか。あとがきで作者が自身を指した『怠惰』という言葉は裏を返せば「続きを書く意思が残ってる」とも言える。また、『鶴屋さんの挑戦』を書き下ろせる執筆力 内容より気になったのが『ハルヒ』を続ける気があるかどうか。あとがきで作者が自身を指した『怠惰』という言葉は裏を返せば「続きを書く意思が残ってる」とも言える。また、『鶴屋さんの挑戦』を書き下ろせる執筆力があるなら現役作家として健在と言えるだろう。一区切り付いた『驚愕』の続きは執筆が難航しそうだけど気長に待ちたい。何なら次作も短編集で構わないけど今度はSF要素を所望したい。 #ニコカド2020 …続きを読む
    不自他
    2020年11月29日
    50人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品