午後十一時のごちそう ~三ツ星ゲストハウスの夜食~

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784049134582

午後十一時のごちそう ~三ツ星ゲストハウスの夜食~

  • 著者 行田 尚希
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784049134582

その宿の料理を食べれば、人生が変わる!?

 仕事のストレスから逃げるように鎌倉旅行へ来た御木本小町。不運な手違いにより宿泊先を失ってしまう。代わりに紹介されたのは、柔和な支配人・神月と無愛想なシェフ・佐野、男二人が切り盛りするゲストハウス。
 ――思い出の料理おつくりします。
 そこでは“特別な夜食”が提供されるらしい。
 「……元気が出るケーキが食べたい」
 亡き母が作ってくれた“元気が出るケーキ”に思いを馳せる小町の姿に、神月と佐野は思い出のケーキの再現を試みる。
 記憶を頼りに解き明かされるレシピ――そこに詰まっていた亡き母の思いとは。
 ゲストたちの思い出の料理を通じて紡がれる、出会いと成長の物語を召し上がれ。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「午後十一時のごちそう ~三ツ星ゲストハウスの夜食~」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 最初の方の主人公の職務態度にはちょっと疑問でした。心を入れ替えたようでよかったです。 最初の方の主人公の職務態度にはちょっと疑問でした。心を入れ替えたようでよかったです。
    ツン
    2021年04月11日
    81人がナイス!しています
  • 仕事から逃避し鎌倉旅行に来た小町だったがホテルの手違いで宿泊先がなくなってしまう。急遽という事で辿り着いたのは男2人が切り盛りするゲストハウスだった。そこでは特別な夜食が提供されるようで...な話。こ 仕事から逃避し鎌倉旅行に来た小町だったがホテルの手違いで宿泊先がなくなってしまう。急遽という事で辿り着いたのは男2人が切り盛りするゲストハウスだった。そこでは特別な夜食が提供されるようで...な話。これは美味しそうな料理ばっかりやったな。凝った料理というよりもどちらかというと家庭料理がメインだったのがまた良かったな。初めは小町も悪い所があったからと思ったけど思い出の夜食を切っ掛けに変わっていくとこがよかった。続き出るならもっと色んな国の料理出そうだし楽しみなんだけどな。 …続きを読む
    アウル
    2021年03月30日
    21人がナイス!しています
  • 面白かった。世界の珍しい料理の名前が次々と出てきて、知っているものはあーそうそうと思い、知らないものは調べてみたりと、楽しく読むことができました。その一方で物語の構成と展開が良くも悪くもメディアワーク 面白かった。世界の珍しい料理の名前が次々と出てきて、知っているものはあーそうそうと思い、知らないものは調べてみたりと、楽しく読むことができました。その一方で物語の構成と展開が良くも悪くもメディアワークス文庫のテンプレというか、ある程度このレーベルを読んでいれば先の展開が予想できる話ばかりだったので、初めて読む人にはいいかと思いますが、もう少しひねりがあってもいいのかなとも感じました。 …続きを読む
    尚侍
    2021年03月31日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品