早替わりで候 音次郎よんどころなき事件帖

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041098677

早替わりで候 音次郎よんどころなき事件帖

  • 著者 吉橋 通夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041098677

早替えによる変装で不正に迫る、よんどころない男、その名は草二郎!

家を出て役者になった旗本次男坊の草二郎は「音次郎」の名で舞台にあがり、女形として評判をとっていた。ところがある日、兄の訃報が届く。実家に帰ると兄は暗殺されていたことがわかり、兄嫁から犯人捜しを懇願される。追い打ちをかけるように奢侈禁止令によって芝居小屋が打ち壊されてしまう。下手人捜しと芸能への弾圧――。突然振りかかった「よんどころない」事態。草二郎はどう戦うのか。手に汗握る本格的時代活劇!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「早替わりで候 音次郎よんどころなき事件帖」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 旗本の次男坊・草二郎は中村音次郎として舞台の看板役者。ところが兄が何者かに斬られて死んでしまう、似たような辻斬りが起きているので辻斬りの仕業かもしれず役目柄暗殺かもしれず、とにかく病死と届けたものの兄 旗本の次男坊・草二郎は中村音次郎として舞台の看板役者。ところが兄が何者かに斬られて死んでしまう、似たような辻斬りが起きているので辻斬りの仕業かもしれず役目柄暗殺かもしれず、とにかく病死と届けたものの兄嫁は草二郎に仇を取ってほしいと頼む。初めて読む作者だが文体に癖がなく 芝居、剣戟、料理、陰謀などがバランス良く描かれていて読みやすい。 …続きを読む
    真理そら
    2020年10月25日
    47人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品