試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年09月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041085554

ずくなし半左事件簿

  • 著者 吉橋 通夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年09月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041085554

ひよっこ同心誕生! その名は「ずくなし(臆病者)半左」

松本藩郡方見習い同心の一志半左は、土地の言葉で臆病者を指す「ずくなし」と呼ばれていた。一方で、いったん腹を決めると大胆不敵になる豪胆さもあり、出仕早々に領地を巡る加賀藩との国境争いを解決に導く。以後、人使いの荒い郡奉行の名越湊之助から次々と無理難題を押し付けられる羽目に。隠れ芝居の強行、しのび荷騒動、そして父の仇との遭遇――。恋に友情に戦いに、若き郡方同心が成長する姿を描いた、人情青春時代小説!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ずくなし半左事件簿」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • わが松本藩を舞台に、「なんたらず」「ずくをだせ」「おくんなんしょ」「へえーでもねぇ」「~ずら」「ささらほ~さら」など、安曇弁・松本弁連発でちょっと赤面の痛快時代劇。主人公は、郡方見習い同心・半左。時は わが松本藩を舞台に、「なんたらず」「ずくをだせ」「おくんなんしょ」「へえーでもねぇ」「~ずら」「ささらほ~さら」など、安曇弁・松本弁連発でちょっと赤面の痛快時代劇。主人公は、郡方見習い同心・半左。時は天保の改革のころ。加賀藩との境界紛争、奢侈禁止令のなかの田舎歌舞伎の決行、冬の松本恒例のブリ市、幕府の藩取り潰しの策謀と藩の内部抗争、そして主人公の淡き恋とメニューは郷土色豊かで、地元読者としては充分楽しめた。もともと児童文学の方面の著者、ライトな筆致で中高生にもお勧め。 …続きを読む
    kawa
    2020年04月09日
    23人がナイス!しています
  • なかなか方言に馴染めず、遅々とした読書となりましたが、楽しめました。『ずくなし』とは、臆病者のことを指すとの言葉通り、何かあれば「逃げ出したい」と弱気を覗かせますが、回りからの叱咤を受け腹を括れば、な なかなか方言に馴染めず、遅々とした読書となりましたが、楽しめました。『ずくなし』とは、臆病者のことを指すとの言葉通り、何かあれば「逃げ出したい」と弱気を覗かせますが、回りからの叱咤を受け腹を括れば、なんとも頼もしい若侍の如く、頭はきれるし、肝も座って見事なものです。特に父の仇討ち相手とのやり取り、命を奪うだけが時代小説でない。と好感が持て好きなシーンです。きっと土地の者たちからも慕われる郡方同心に成長してくれることでしょう。 …続きを読む
    ロックイ
    2019年11月24日
    4人がナイス!しています
  • 松本城下を国境へ郡方は村へ向う お前の親父は藩きっての使い手だと 桜井にどやされる 村の庄屋はもしや半兵衛様の? 国境を調べる事に 父様はここからの景色が好きで飽きずに山を見てた と付添のアゴが懐かし 松本城下を国境へ郡方は村へ向う お前の親父は藩きっての使い手だと 桜井にどやされる 村の庄屋はもしや半兵衛様の? 国境を調べる事に 父様はここからの景色が好きで飽きずに山を見てた と付添のアゴが懐かしむ 番小屋が燃えていた 消そうとしたが間に合わない 加賀の先触れがした事だ 急ぎ帰り奉行からこれをと書状を加賀へ庄屋と行けと 報せと違うから算用奉行と談判しろ では山人三人の脅した鉄砲だと 今後国境へ鉄砲持ち込みはしないと 約定出来るかと迫られ ええいみよと約定すると返事した 帰り道庄屋はお見事なお働きだと …続きを読む
    山内正
    2020年03月14日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品