ずくなし半左事件簿

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年09月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041085554

ずくなし半左事件簿

  • 著者 吉橋 通夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年09月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041085554

ひよっこ同心誕生! その名は「ずくなし(臆病者)半左」

松本藩郡方見習い同心の一志半左は、土地の言葉で臆病者を指す「ずくなし」と呼ばれていた。一方で、いったん腹を決めると大胆不敵になる豪胆さもあり、出仕早々に領地を巡る加賀藩との国境争いを解決に導く。以後、人使いの荒い郡奉行の名越湊之助から次々と無理難題を押し付けられる羽目に。隠れ芝居の強行、しのび荷騒動、そして父の仇との遭遇――。恋に友情に戦いに、若き郡方同心が成長する姿を描いた、人情青春時代小説!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ずくなし半左事件簿」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • (^^ (^^
    だいゆー
    2019年10月09日
    3人がナイス!しています
  • 忍び荷 魚市場にブリが無い 四日しかブリ市まで無いぞと奉行が 山の番屋へ急ぐ役人は父を知っていた 糸魚川に三軒の問屋が何も頼り無い 途中でブリが不漁と知る 問屋に着き松本藩郡方一志半左と名乗る もしや 忍び荷 魚市場にブリが無い 四日しかブリ市まで無いぞと奉行が 山の番屋へ急ぐ役人は父を知っていた 糸魚川に三軒の問屋が何も頼り無い 途中でブリが不漁と知る 問屋に着き松本藩郡方一志半左と名乗る もしやと父を知っていた 他の問屋も来て支払いが届こうって 仕方無く上田に送ったと その時能登から信州宛の船が入ったと 何も咎めずこの通り急ぎ松本へ急送と 頭を下げた 歩荷50人手配頼むと 共の夕吉は干物魚を背負い雪山を登る 途中雪崩で足を挫く 底に抜け荷の人参があった医者に頼まれたと 父の声が村から科人をだすなと …続きを読む
    山内正
    2019年09月26日
    2人がナイス!しています
  • 加賀藩郡奉行より江戸城改築の為 加賀より木材搬出するに当たり 松本藩の道を通り川より運ぶ事にと 公儀御用と高飛車に言って来た 国境の山の木を紙で巻き加賀藩の木と 勝手に初め村人と諍う 一度金沢に帰ると 加賀藩郡奉行より江戸城改築の為 加賀より木材搬出するに当たり 松本藩の道を通り川より運ぶ事にと 公儀御用と高飛車に言って来た 国境の山の木を紙で巻き加賀藩の木と 勝手に初め村人と諍う 一度金沢に帰ると雨の中川を渡り落ちた後やっとの事で帰った後 三人の男が役人に捕まり 半左は身代りとして金沢ひ送られ 牢屋に入る 一月して互いの奉行の話がつき 松本に帰る 奉行がこの度の決着に 流石半左と迎える。 …続きを読む
    山内正
    2019年10月01日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品