むすぶと本。 『さいごの本やさん』の長い長い終わり

むすぶと本。 『さいごの本やさん』の長い長い終わり 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年06月30日
商品形態:
電子書籍

むすぶと本。 『さいごの本やさん』の長い長い終わり

  • 著者 野村 美月
  • イラスト 竹岡 美穂
発売日:
2020年06月30日
商品形態:
電子書籍

街の“最後の書店”で起こった、かけがえのない出会いと小さな奇跡の物語

店主の急死により、閉店フェアをすることになった幸本書店。そこに現れたのは、故人の遺言により幸本書店のすべての本を任されたという都会から来た高校生・榎木むすぶ。彼は本の声が聞こえるという。その力で、店を訪れる人々を思い出の本たちと再会させてゆく。いくつもの懐かしい出会いは、やがて亡くなった店主・幸本笑門の死の真相へも繋がってゆく――。“本の味方!”榎木むすぶが繋ぐ本と人のビブリオミステリー。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「むすぶと本。 『さいごの本やさん』の長い長い終わり」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 店主の急死により閉店することになった幸本書店。残り少ない時間で閉店フェアを行い様々な人が訪れる中、故人の遺言で書店の全ての本を任されたという高校生・榎木むすぶが現れるもう一つの物語。少年時代、図鑑の立 店主の急死により閉店することになった幸本書店。残り少ない時間で閉店フェアを行い様々な人が訪れる中、故人の遺言で書店の全ての本を任されたという高校生・榎木むすぶが現れるもう一つの物語。少年時代、図鑑の立ち読みを楽しみにしていた獣医、「野菊の墓」で時を超えて再び巡り合った二人、「かいけつゾロリ」に救われた少年、地元出身の作家が抱えていた悔恨、そして店員・水海や店主だった笑門さんの想い。本の声が聞こえるむすぶが、店を訪れる人々を思い出の本たちと再会させてゆくエピソードはどれも印象的でぐっと来るものがありました。 …続きを読む
    よっち
    2020年06月26日
    47人がナイス!しています
  • たくさんの人々に愛され、本と人、人と人のたくさんの出会いや繋がりが詰まった、町の最後の本屋さんの閉店フェア。それぞれの思い出を胸にやって来る人々に、本達の方でも伝えたいことがたくさんあったことでしょう たくさんの人々に愛され、本と人、人と人のたくさんの出会いや繋がりが詰まった、町の最後の本屋さんの閉店フェア。それぞれの思い出を胸にやって来る人々に、本達の方でも伝えたいことがたくさんあったことでしょう。本の声が聴こえるむすぶがそのひとつひとつを丁寧に拾い上げていくのは、まるで行方不明になりかけていたパズルのピースをあるべき場所へそっとはめるよう。今は亡き店主の切なくなるほど優しい温かな人柄が胸を衝きました。 …続きを読む
    七月せら
    2020年07月13日
    37人がナイス!しています
  • 先に『外科室の一途』を読んでからこちらを読みました。円谷水海のバイト先の書店の店長が亡くなり、惜しまれつつも閉店が決まった幸本書店で最後に一週間だけ店を開けることになるが…というお話です。『外科室の一 先に『外科室の一途』を読んでからこちらを読みました。円谷水海のバイト先の書店の店長が亡くなり、惜しまれつつも閉店が決まった幸本書店で最後に一週間だけ店を開けることになるが…というお話です。『外科室の一途』と比べて最終話になるまでむすぶの語り部は無く夜長姫に至っては何かしらむすぶと喋っている描写はあるものの台詞一つ出てこないのでむすぶに対しての印象がだいぶ違って見えましたが、それでも笑門さんの死の真相を巡っての事やその笑門さんがどれだけ街の人に愛されていたかと言うのが伝わってきて→ …続きを読む
    まるぼろ
    2020年09月18日
    35人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品