試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年12月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041096147

ホテルメドゥーサ

  • 著者 尾崎 英子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年12月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041096147

人生は、ままならないけれど愛おしい。大きな肯定感に包まれる物語。

フィンランドの森に佇む素朴なホテルには、異次元へのドアがあるという噂がある。本当にここではないどこかへ行けるとしたら、どうする? 人生をやり直したいと切実に願う男女4人が出した答えとは……?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ホテルメドゥーサ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 深くて濃い緑に溢れ、木漏れ日が辺りを柔らかく包み込む神聖で神秘的なフィンランドの森。そんなα波がたくさん発生しそうな場所になら、異次元へ繋がるドアがあってもおかしくない。人生をやり直したい、と願う4人 深くて濃い緑に溢れ、木漏れ日が辺りを柔らかく包み込む神聖で神秘的なフィンランドの森。そんなα波がたくさん発生しそうな場所になら、異次元へ繋がるドアがあってもおかしくない。人生をやり直したい、と願う4人の日本人が時を同じくして、不思議な力に導かれるようにはるばるフィンランドの森に集まった。一度きりの人生、その場に留まるのも先へ進むのもその人次第。どちらが正解なんてない。迷って悩んだ末に、自分で決断することにこそ意義がある。フィンランドの母なる森らしく、迷える人々を優しくおおらかに包み込んでくれる物語だった。 …続きを読む
    nico
    2021年05月13日
    91人がナイス!しています
  • フィンランドの森に異次元の世界に通じる入り口があるという。そこへやってきた初対面の4人それぞれの物語です。自分の意志でやってきたような、何かの仕掛けで誘われるように来たような、そこからして不思議な話で フィンランドの森に異次元の世界に通じる入り口があるという。そこへやってきた初対面の4人それぞれの物語です。自分の意志でやってきたような、何かの仕掛けで誘われるように来たような、そこからして不思議な話ですが、最後にその世界に行くか行かないか決めるのは自分。その緩さが考えるきっかけになり、次に踏み出す力になります。フィクションに参加するのもなんですが、わたしは行かないかな。 …続きを読む
    ふう
    2021年05月14日
    68人がナイス!しています
  • フィンランドの森の中のホテル。異次元扉が現れるとの噂。4人の日本人がそのホテルで出会う。この感覚 タルコフスキーの映画「ストーカー」を思い出した。宇宙人の着陸地、ゾーンに行くと幸福になれるという伝説。 フィンランドの森の中のホテル。異次元扉が現れるとの噂。4人の日本人がそのホテルで出会う。この感覚 タルコフスキーの映画「ストーカー」を思い出した。宇宙人の着陸地、ゾーンに行くと幸福になれるという伝説。「ストーカー」とはそのゾーンまでの案内人のことだ。「ストーカー」ではゾーンまでの行程の奇妙さ、科学者、文学者の未知に対する考え方の相違、葛藤に焦点が置かれていたのに対しこの物語は異次元世界へ行きたいという人々の動機に焦点が置かれている。藤子不二雄の漫画「パーマン」が登場。昔貸した本が舞い戻る逸話は嬉しい。 …続きを読む
    Vakira
    2021年01月15日
    50人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品