くらげホテル

下北沢発、フィンランド経由……。あなたは、異次元に行けると言われたら?

  • 著者 尾崎 英子
  • 定価  円(本体円+税)
  • 発売日:2018年05月31日

下北沢発、フィンランド経由……。あなたは、異次元に行けると言われたら?

「かもめ食堂」「めがね」などで知られる
俳優のもたいまさこさんに、コメントをいただきました。

「変わることをおそれるな、と言われたような
妙にスカッとした気持ちになれました。
不思議な森の奥から、静かに希望の光が射してくる。
そんな新しい物語だった」 もたいまさこ

===

「本当なんですかね……ここに、異次元の世界があるって」

フィンランドの「ホテル・メデューサ」で出会った、日本から来た、年齢も性別もばらばらな4人。
人を(たぶん)殺してしまった男、何もかもうまくやれない女、妻に先立たれた男、子育てを終え第二の人生を始めた女。皆それぞれの事情でこの地にやってきていたが、共通しているのはどうやら、「異次元」や「メデューサ/くらげ」といった言葉、そして、地味にファンがいるお菓子「くらげキャラメル」に導かれて、ということのようだった。

さえざえと美しいフィンランドの森で、強い風が吹き抜ける。そして「向こうのほう」から来た、スミレという女性が案内したのは……。

異次元なんてあるわけない、けれど、あるかもしれない。この世界の、「本当の本当のこと」って、なに?
あなたは、異次元に行けるよと言われたら、行ってみますか? (フィンランド経由で)

ちりばめられたユーモアとフィンランドの空気に、心がすうっと楽になる、世界が広がるサプリ小説。

文芸書売上ランキング

最近チェックした商品