本性 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年10月23日
商品形態:
電子書籍

本性

  • 著者 伊岡 瞬
発売日:
2020年10月23日
商品形態:
電子書籍

4人の関係者、3つの遺体、2人の刑事、1人の女。クライムサスペンス!

他人の家庭に入り込んでは攪乱し、強請った挙句に消える正体不明の女〈サトウミサキ〉。別の焼死事件を追っていた刑事の元に15年前の名刺が届き、刑事たちは過去を探り始め、ミサキに迫ってゆくが…。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「本性」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★★★★★★★☆悪女の本性を圧倒的リーダビリティで描いたクライム・サスペンス。関わった男を虜にし、破滅させる謎の女・ミサキ。時を同じくして河川敷で発見された身元不明の女性遺体。別の焼死事件を追う刑 ★★★★★★★★★☆悪女の本性を圧倒的リーダビリティで描いたクライム・サスペンス。関わった男を虜にし、破滅させる謎の女・ミサキ。時を同じくして河川敷で発見された身元不明の女性遺体。別の焼死事件を追う刑事・安井は、その裏に15年前のある出来事との関連を見出すが…。短編集かと思うほど独立した4つのエピソードが、時系列を前後しつつある一点へ収束していく過程は見事。役場の記述があまりに前時代的すぎて「本当に取材してる?」とは思ったものの、登場人物のクズさ、もどかしさ、理不尽さで読者を惹き込む手腕は伊岡瞬の真骨頂。 …続きを読む
    イアン
    2020年11月17日
    148人がナイス!しています
  • 始めは分かりやすく掴んで、中盤で?を付けてラストまで持っていく。飽きさせない展開でした。 犯人が誰かというより理由が暴かれていくところ(掘りの深さ浅さはひとまずとして)に重きがおかれているところが個人 始めは分かりやすく掴んで、中盤で?を付けてラストまで持っていく。飽きさせない展開でした。 犯人が誰かというより理由が暴かれていくところ(掘りの深さ浅さはひとまずとして)に重きがおかれているところが個人的には良かった。タイトルがしっくりくる物語でした。 …続きを読む
    あきら
    2020年10月23日
    126人がナイス!しています
  • 「サトウミサキ」とは何者なのか?次々と相手の懐深く忍び込み、幸福の絶頂から社会的地位を著しく落とす稀代の悪女。美人に弱い馬鹿な男達。と思いきや狙いはそんな単純な事ではなかった。バラバラだったピースがハ 「サトウミサキ」とは何者なのか?次々と相手の懐深く忍び込み、幸福の絶頂から社会的地位を著しく落とす稀代の悪女。美人に弱い馬鹿な男達。と思いきや狙いはそんな単純な事ではなかった。バラバラだったピースがハマりきった時の衝撃は大きい。過去の清算はそう容易くない。同情する点もあるが「サトウミサキ」は明晰であり壊れている。 …続きを読む
    のり
    2020年12月10日
    125人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品