お江戸やすらぎ飯 芍薬役者 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年08月25日
商品形態:
電子書籍

お江戸やすらぎ飯 芍薬役者

  • 著者 鷹井 伶
  • 編集協力 小説工房シェルパ
発売日:
2020年08月25日
商品形態:
電子書籍

疲れた心と体を優しい料理で癒したい。大好評グルメ時代小説、待望の続編!

「料理で人を救いたい」
幼い頃に両親とはぐれ、吉原で育てられた佐保は、人に足りない栄養を見抜く才能を生かし医学館で勉学を続けていた。
ある日、芝居に誘われた佐保はそこで幼馴染みの颯太を見かけた。
颯太は芍薬の花のような美貌を持つ人気役者・夢之丞と昵懇の仲だが、その夢之丞が気鬱でふさいでいるという。
佐保は夢之丞を料理で癒やす大役を任される。
佐保が選んだ意外な食材とは?
大好評グルメ時代小説第2弾!

美味しくて体にいいグルメ時代小説シリーズ、第2弾!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「お江戸やすらぎ飯 芍薬役者」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ2冊目。ヒロイン佐保さんの若さ、明るさと、しっかりものとしての姿が両立して描かれていて、キャラクターが立ってきましたね。恐い怖い武家の大奥様も可愛いところを見せたりして、少しずつ広がってきまし シリーズ2冊目。ヒロイン佐保さんの若さ、明るさと、しっかりものとしての姿が両立して描かれていて、キャラクターが立ってきましたね。恐い怖い武家の大奥様も可愛いところを見せたりして、少しずつ広がってきました。往時の風俗を(水銀や鉛が化粧品に入っていたとか)交えたり、今も続く熱中症を出してみたりと、なかなか軽やかで賑やかな一冊でした。 …続きを読む
    ジュール リブレ
    2020年09月23日
    56人がナイス!しています
  • さあ2巻目。これからが大事です。応援している作家さん、少しでも長続きしてくれるシリーズになってほしいもの。ところが、読み進めますと一話・一話があっさりし過ぎの印象。読み手の当方の気持ちが勢い突っ込み過 さあ2巻目。これからが大事です。応援している作家さん、少しでも長続きしてくれるシリーズになってほしいもの。ところが、読み進めますと一話・一話があっさりし過ぎの印象。読み手の当方の気持ちが勢い突っ込み過ぎか?と、思いきや後半、佳境に差し掛かりますと吉原の火災やら主人公・佐保と実父との涙の再会などなど怒涛の展開。正直言いますと、親との感動の再会はもっとシリーズ後半の盛り上がりに持ってくるものと予想していましたから良い意味で裏切られましたwこれはこれで次巻からの佐保の成長、物語の進展に期待が持てますぞ♪ …続きを読む
    もんらっしぇ
    2020年09月10日
    47人がナイス!しています
  • 序盤は淡々と進んでいく感じやったけど途中から怒涛の展開に…この後、佐保がどのように成長していくのか楽しみです(^ ^) 序盤は淡々と進んでいく感じやったけど途中から怒涛の展開に…この後、佐保がどのように成長していくのか楽しみです(^ ^)
    やな
    2020年09月06日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品