試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041089026

お江戸やすらぎ飯

  • 著者 鷹井 伶
  • 編集協力 文芸工房シェルパ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041089026

こんなグルメ時代小説を待っていた!

幼き頃に江戸の大火で両親とはぐれ、吉原で育てられた佐保には特殊な力があった。体の不調を当て、症状に効く食材を見出すのだ。やがて佐保は病人を救う料理人を目指す。美味しくて体にいいグルメ時代小説!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「お江戸やすらぎ飯」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 初読み作家さん。料理小説の中でも少し違った方向から読ませてくれる作品。小さい頃火事で両親とはぐれ、吉原で育てられ末は花魁にと修行をしてきた主人公の佐保。彼女は弱った人の体を見ると何を食したら元気になる 初読み作家さん。料理小説の中でも少し違った方向から読ませてくれる作品。小さい頃火事で両親とはぐれ、吉原で育てられ末は花魁にと修行をしてきた主人公の佐保。彼女は弱った人の体を見ると何を食したら元気になるのかが判るという特殊な能力の持ち主なのである。吉原で振袖新造になる直前、ひょんなことから急遽医学館に預けられることになる。そこから、佐保の第2の人生が始まり病人を救うべく料理人の道を目指す。佐保の周りの人々の生活もなかなか面白くて佐保と彼らの行く末をまだ見てみたい。 …続きを読む
    タイ子
    2020年03月08日
    71人がナイス!しています
  • 初読み作家さん。 時代小説を読んだことない人にもオススメできるぐらいに、とても読みやすい。 出てくる人物たちもいい。 そして最後に掲載されているレシピがまた楽しい。 初読み作家さん。 時代小説を読んだことない人にもオススメできるぐらいに、とても読みやすい。 出てくる人物たちもいい。 そして最後に掲載されているレシピがまた楽しい。
    2020年02月09日
    16人がナイス!しています
  • 気持ちよい本だった。続きを読んでみたくなる本。シリーズ化されるといいんだけど・・最後に文中に出てきたレシピ3品が掲載されていた。山芋のふわふわ団子汁、メモった。 気持ちよい本だった。続きを読んでみたくなる本。シリーズ化されるといいんだけど・・最後に文中に出てきたレシピ3品が掲載されていた。山芋のふわふわ団子汁、メモった。
    デジ姫
    2020年03月03日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品