砂戦争 知られざる資源争奪戦 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年11月10日
商品形態:
電子書籍

砂戦争 知られざる資源争奪戦

  • 著者 石 弘之
発売日:
2020年11月10日
商品形態:
電子書籍

ビルも道路も埋立地も……文明を推進する「砂」の争奪戦が始まっている

(目次、主なもの)
第一章 砂のコモンズの悲劇
砂資源の枯渇がはじまった
都市化の世紀
増える高層ビル
都市化の功罪

第二章 資源略奪の現場から
中国の都市化
戸籍制度の緩和
上海の驚異的な発展
採掘で自然災害が甚大に
犠牲になる生き物たち
朝鮮半島を狙う中国
アラブ首長国連邦のドバイ
300を超える人工島
膨張するジャカルタ
島が消えていく
活動家暗殺未遂
アジアで進む海岸侵食
沈みゆく国家
海面上昇で国沈む?
誰が砂を奪ったのか
ツバルは拡大している

第三章 砂はどこからきたのか
砂とは何か
白砂・黒砂・赤砂
河川は砂の製造工場
建築に使えない砂漠の砂
長距離移動する砂塵
砂の用途
オイル採掘が引き起こすトラブル

第四章 砂マフィアの暗躍
サルデーニャ島の砂泥棒
都市化の進むインド
砂マフィアの暗躍
ジャーナリストにとってもっとも危険な国
抹殺された人びと
アフリカの砂をめぐる紛争
ナイジェリアの発展
住民を分断する砂採取
シンガポールの発展
世界最大の砂輸入国に
禁輸に踏み切った3カ国
メコンデルタの危機
中国のダム建設
 
第五章 白砂青松はどうしてできたのか
砂と日本人
土木技術の発達
森林消失が生み出す砂
燃料材が森を奪った
庄内砂丘の飛砂との戦い
森が戻った新屋村
新潟砂丘
松と日本人
砂浜が消えていく
台無しになった砂浜
増える砂需要
川砂が戻ってきた
波消しブロックの蔓延
ダムに堆積する砂
森林飽和と砂浜

第六章 今後の砂問題
水も空気も砂も
世界人口の楽観論
廃建材の再利用
ガラスの浜
新たな骨材の素材
地球をスイカにみたてるなら
オーバーシュート・デー

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「砂戦争 知られざる資源争奪戦」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 地球の有限な資源である「砂」に着目した本。この本で目から鱗、は余りに想像力不足だと言われるかもしれないが、共有資源を自由に使えばいずれ枯渇するという「コモンズの悲劇」を、ここまではっきりとイメージでき 地球の有限な資源である「砂」に着目した本。この本で目から鱗、は余りに想像力不足だと言われるかもしれないが、共有資源を自由に使えばいずれ枯渇するという「コモンズの悲劇」を、ここまではっきりとイメージできたのは初めてだった。浮かんだのは資源有限ルールなマインクラフト。しかもその有限ルールに先に気付いた別のプレイヤーに自分の陣地分を横取りされたり。化石燃料とかは技術革新で代替できるかも、なんて漠然と夢見てたけれど、砂…。砂の構造、自然界での動きや都市化における寄与、砂マフィア、シェール革命等、盛り沢山な良書。 …続きを読む
    アナーキー靴下
    2021年01月19日
    52人がナイス!しています
  • 急速な都市化により、砂の有限性が可視化された。砂漠の砂を活用できるように、偉い人、考えてほしい。ツバルは沈んでいない。製鉄、新田ブームの森林伐採により白砂青松ができあがった。ダムの浚渫。化石水。@中国 急速な都市化により、砂の有限性が可視化された。砂漠の砂を活用できるように、偉い人、考えてほしい。ツバルは沈んでいない。製鉄、新田ブームの森林伐採により白砂青松ができあがった。ダムの浚渫。化石水。@中国は過去3年間で、アメリカが20世紀全体を通して使った量よりも多いセメントを使った@(ラゴスは)国連の予測では2025年に1580万人、2050年には3263万人、2100年には8830万人を抱える世界最大の超巨大都市になる。@各国の禁輸に対抗するため、シンガポールは砂の国家備蓄をしている。 …続きを読む
    Sumiyuki
    2021年02月10日
    7人がナイス!しています
  • 2889冊目。石教授の本はいつも面白い。砂資源とは、コンクリートであり、人類の都市人口増大により、膨大な砂が都市の建物、インフラになっている。その例は、摩天楼である。もうじき1000mのビルができるが 2889冊目。石教授の本はいつも面白い。砂資源とは、コンクリートであり、人類の都市人口増大により、膨大な砂が都市の建物、インフラになっている。その例は、摩天楼である。もうじき1000mのビルができるが、中国と中東ばかりである。また、インドもアフリカもコンクリートの高層ビルだらけになっていく。しかし、砂資源がないので、取り合いになる。シンガポールもカンボジアから大量に輸入している。著者は近藤マリエも魏志倭人伝もネタとして書いていらっしゃる。特徴的なのは、頭で砂籠を運ぶアジアの少年たちの写真である。 …続きを読む
    Tak2045
    2021年01月31日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品