試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年02月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
176
ISBN:
9784041092361

変身

  • 著 フランツ・カフカ
  • 訳者 川島 隆
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年02月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
176
ISBN:
9784041092361

平凡なサラリーマンが、ある朝、虫けらに。カフカ像を刷新する新訳と解説

「おれはどうなったんだ?」 平凡なサラリーマンのグレゴールはベッドの中で巨大な虫けらに姿を変えていた。変身の意味と理由が明かされることはなく、主人公の家族を巻き込んだ不条理な物語が展開していく――。最新のカフカ研究を踏まえた精緻でテンポよい新訳で贈る不朽の問題作。神話化されつづける作家の実像を、両親や恋人、労災保険局での仕事、ユダヤ人の出自、執筆の背景などから多面的に説き明かす、訳者解説を収録。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「変身」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 突然虫けらになった主人公は、言葉が通じなくなる。その姿に両親は驚き、業務代理人は悲鳴をあげて逃げ出す。17歳の妹が恐れる母をかばいながら、自分こそ専門家と中心になり対処する。仕事を離れていた父親も勤務 突然虫けらになった主人公は、言葉が通じなくなる。その姿に両親は驚き、業務代理人は悲鳴をあげて逃げ出す。17歳の妹が恐れる母をかばいながら、自分こそ専門家と中心になり対処する。仕事を離れていた父親も勤務してから見違えるようになる。グレオールの収入が減る分、部屋を3人の間借り人に貸し出す。妹のヴァイオリンを聴きに部屋から出てきたが、追い返され、遂に力尽きて死に至る。3人は電車で郊外に行き、いつしか妹は花盛りの少女になっていた。主人公の変わらない心の声と、それぞれの家族の立ち位置が変化していく様が面白かった。 …続きを読む
    アキ
    2022年04月13日
    115人がナイス!しています
  • ある朝、平凡なサラリーマンが目覚めると、自分が化け物じみた図体の虫けらに姿を変えていることに気づいた。「おれはどうなったんだ?」と思い、寝直そうとするが、寝返りを打てない。次に頭に浮かんだのは「仕事ど ある朝、平凡なサラリーマンが目覚めると、自分が化け物じみた図体の虫けらに姿を変えていることに気づいた。「おれはどうなったんだ?」と思い、寝直そうとするが、寝返りを打てない。次に頭に浮かんだのは「仕事どうしよう」。虫になった彼の生活は一変する。外見以外なにも変わっておらず中身は平凡なサラリーマンのままなのに、周りに人間とみなされなくなるとどうなるのか...。人間として扱われなくなった人が、最後の人間らしさを発揮し、自己を破滅させてしまう姿が衝撃的だった。新訳が出たので久々に読んだが、相変わらず面白かった。 …続きを読む
    2022年04月10日
    28人がナイス!しています
  • 本編夢中になったところもあるが、割りと淡々と読んでしまった……。知ってる話を刺激的に読む、それも短編を、というのは俺の技量では難しい。解説に体験話法(自由間接話法)に触れられているように、主語が掴みづ 本編夢中になったところもあるが、割りと淡々と読んでしまった……。知ってる話を刺激的に読む、それも短編を、というのは俺の技量では難しい。解説に体験話法(自由間接話法)に触れられているように、主語が掴みづらいときもあり、そこが若干の読みづらい部分になったかと思う。別に否定的な意味でなく。◆後半の解説の方が面白かった。特にカフカは意識の流れのまま敢えて一気に書いたというところと、実父=暴君で実母はそれに追随したの弱くおしとやかな女性、というカフカ家のイメージは違うという最近の研究結果は印象に残る。 …続きを読む
    シッダ@涅槃
    2022年03月05日
    26人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品