試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1992年12月17日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784042083016

変身

  • 著者 フランツ・カフカ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1992年12月17日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784042083016


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「変身」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 数年ぶりの再読。朝目覚めると巨大な毒虫になってしまっていたグレゴール・ザムザとその家族のお話。理由も原因も原因もなく…ということらしいけど、私には父親の事業の失敗のあとグレゴールが色々なものを背負いす 数年ぶりの再読。朝目覚めると巨大な毒虫になってしまっていたグレゴール・ザムザとその家族のお話。理由も原因も原因もなく…ということらしいけど、私には父親の事業の失敗のあとグレゴールが色々なものを背負いすぎたからでは?両親も妹もその気になれば働けるんじゃん!と思わずにはいられない。なんとも言えないやるせなさを感じるけどたまには読み返したい作品。同時収録の「ある戦いの描写」は私には少し難しかった。次に読んだ時にはもう少し色々見えてくるといいな。 …続きを読む
    れみ
    2015年09月09日
    88人がナイス!しています
  • 登録の為、再読。当時『角川クラシックス』として国内外の名作を装丁を変えて出版されたシリーズ。カバー挿絵が池田満寿夫さんだったので選んだ。 平凡なセールスマンのグレゴールがある日、目覚めると巨大な毒虫に 登録の為、再読。当時『角川クラシックス』として国内外の名作を装丁を変えて出版されたシリーズ。カバー挿絵が池田満寿夫さんだったので選んだ。 平凡なセールスマンのグレゴールがある日、目覚めると巨大な毒虫に変身していた。一家の家計は彼の稼ぎで賄っていたが居なくなっても残った家族でどうにかなる。グレゴールが死んでしまった後の両親と妹のサバサバ感。早く、殺してしまったほうがお互いの為なのに。どういうスタンスで読めばいいか迷う作品だ。 …続きを読む
    hideko
    2018年08月20日
    32人がナイス!しています
  • ▼「カフカ」は冬休みの宿題の感想文で高校1年の時に読んだ。グレゴールがある日、巨大な毒虫に変わって、目を覚ます。その状態を「家族の助けなしでは生きられない難病」と捉えて感想文を書いた。苦肉の策の解釈で ▼「カフカ」は冬休みの宿題の感想文で高校1年の時に読んだ。グレゴールがある日、巨大な毒虫に変わって、目を覚ます。その状態を「家族の助けなしでは生きられない難病」と捉えて感想文を書いた。苦肉の策の解釈ではあったが、あながち間違いではなかったと、今になってホッとしている。▼「ある戦いの描写」カフカ的エッセンスが凝縮された名作と書かれているが、「彼」が誰なのか人物像が定まらない。途中から「知人」とあるのは誰なのか?「彼」=「知人」なのか?何を書きたいのかさっぱり分からない。機会があったらまた読むことにする。 …続きを読む
    Junko
    2017年12月11日
    19人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品