藤色の記憶 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年12月24日
商品形態:
電子書籍

藤色の記憶

  • 著者 あさの あつこ
発売日:
2020年12月24日
商品形態:
電子書籍

地に埋められた私を救ってくれたのは、白兎と名乗る見知らぬ少年だった……

心中間際に心変わりした恋人によって、土の中に埋められてしまった優枝。掘り起こし救い出してくれたのは、白兎という見知らぬ少年だった。彼は恋人への復讐をそそのかすが、どこかからかうようなその態度に、優枝は戸惑うしかなかった。そこへ、生き別れの弟・慶介から突然電話がかかってくる。母が手遅れの病で入院し長くなく、優枝に会いたがっているという。かつて父と自分を捨て家を出ていった母。逡巡する優枝に白兎は「生き返った命は7日間しかもたない」と告げる。それを聞いた優枝は白兎とともに、一度は捨てた故郷へ戻る決意をする……。大人の女のサスペンス・ミステリ!
(※本書は、2012年9月講談社より刊行された単行本『白兎2 地に埋もれて』を加筆修正し、改題の上文庫化したものです)

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「藤色の記憶」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 白兎…これ以上この少年のことを知ろうとしてはいけない。でも、知りたいよね。「手を引いてくれる人と魂をただ結びつけることは出来る」という白兎はこの先何処へ行くのだろう。切なくてちょっと温かなラストが良か 白兎…これ以上この少年のことを知ろうとしてはいけない。でも、知りたいよね。「手を引いてくれる人と魂をただ結びつけることは出来る」という白兎はこの先何処へ行くのだろう。切なくてちょっと温かなラストが良かったシリーズ2。原題『地に埋もれて』の方が好みではあったが色で繋げる次は『藍色の夜明け』行ってみます。 …続きを読む
    いつでも母さん
    2021年01月05日
    162人がナイス!しています
  • 葬儀場の仕事をしている優枝は、ぼんやりと『死』にとりつかれていて、進んで死にたいというより、生きていることに執着がない感じがした。淡々としているけど深い話だった。 葬儀場の仕事をしている優枝は、ぼんやりと『死』にとりつかれていて、進んで死にたいというより、生きていることに執着がない感じがした。淡々としているけど深い話だった。
    坂城 弥生
    2021年01月20日
    33人がナイス!しています
  • 数ページ読んで好きな系統と思った→でも、あれれ?なんだか知ってる → 「白兎2」の改題だったし、おまけにシリーズの2作目でした。またやってもうた! 改題こまる~案件でしたwwでもおもしろいからいいです 数ページ読んで好きな系統と思った→でも、あれれ?なんだか知ってる → 「白兎2」の改題だったし、おまけにシリーズの2作目でした。またやってもうた! 改題こまる~案件でしたwwでもおもしろいからいいですw 中盤以降まで「何物かわからない少年」に誘導されて(筋書きも優枝さんも)物語が進んでいく、ファンタジーなのかミステリーなのか。え?なに?と思っているうちにどんどん進んで読み終わってしまった。知ってるけどww …続きを読む
    冷や中
    2021年01月14日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品