吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ニコカド祭り2020
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年12月20日
判型:
B6判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784047334427
ニコカド祭り2020

吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中

  • 著者 吉田直樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年12月20日
判型:
B6判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784047334427

スクウェア・エニックスの吉田直樹氏によるコラム第3巻

『ファイナルファンタジーXIV』のプロデューサー兼ディレクター、吉田直樹氏が雑誌『週刊ファミ通』誌上で連載していたコラム“吉田の日々赤裸々。”の第97回から第139回(最終回)を収録。さらに、本書のために書き下ろした第140回および特別編に加え、スクウェア・エニックスの齊藤陽介氏と吉田氏の対談企画も。表紙イラストは、既刊と同様、吉田明彦氏による描き下ろし。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「吉田の日々赤裸々。3 ゲームデザイナー兼取締役の頭の中」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ビジネス書に対しての所感が割と同じだった。私もそういった本をバカにしているなんてことはないし(事実、読んでるわけだし)、読み手を嘲ろうとは思わない。しかし、極端にたかが一冊の本に傾倒し、他者を啓蒙しよ ビジネス書に対しての所感が割と同じだった。私もそういった本をバカにしているなんてことはないし(事実、読んでるわけだし)、読み手を嘲ろうとは思わない。しかし、極端にたかが一冊の本に傾倒し、他者を啓蒙しようと酔っているのはちょっとどうかと思ってしまう。どこかの古典で言っていたとおり「読書とは、人の頭で考えてもらい、自分の頭で考えなくなる行為」みたいになりうる。あまり本を読んだことのない人がビジネス書だけを読んだりするとそうなるのかな、とか思う。 …続きを読む
    2020年02月25日
    8人がナイス!しています
  • コラムの収録期間が長い分、時系列でゲームの展開時と並べてこの頃は~みたい感想になりました。一時期やつれたのではないかと言われていた時期はダイエットしていたのですね。ゲーム開発者を率いる人の視点と感じた コラムの収録期間が長い分、時系列でゲームの展開時と並べてこの頃は~みたい感想になりました。一時期やつれたのではないかと言われていた時期はダイエットしていたのですね。ゲーム開発者を率いる人の視点と感じた初期コラムに比べて、役員になり会社の経営に関する視点へと変わりつつあると感じました。続きも読んでみたいと思いますが、どこかで読み物をやってもらいたいです。 …続きを読む
    Stephan170825
    2020年04月01日
    1人がナイス!しています
  • シリーズ3冊読了。吉田直樹さんと齊藤陽介さんの2人のプロデューサーの対談を読んでいくと超興味深かった。同じ職でもプロデューサーとしてのゲームとの関わり方はかなり違い、それぞれが一長一短な考え方だった。 シリーズ3冊読了。吉田直樹さんと齊藤陽介さんの2人のプロデューサーの対談を読んでいくと超興味深かった。同じ職でもプロデューサーとしてのゲームとの関わり方はかなり違い、それぞれが一長一短な考え方だった。ただ、2人とも目を輝かせて説かれるプレゼンには弱い、と言っていることから、ゲームに携わる人の「これは絶対面白い!」という熱量にゾクゾクすることがわかり、合理的かと思われるプロデューサーも、いちゲームクリエイターとして本能的な血筋はしっかりあるんだなぁと感じた。 …続きを読む
    じろう
    2020年11月24日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品