吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年06月22日
判型:
B6判
商品形態:
単行本
ページ数:
192
ISBN:
9784047331549

吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか

  • 著者 吉田直樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年06月22日
判型:
B6判
商品形態:
単行本
ページ数:
192
ISBN:
9784047331549

『ファイナルファンタジーXIV』奇跡の復活劇を綴る!

週刊ファミ通で好評連載中のコラム“吉田の日々赤裸々。”が、
待望の単行本化!

まさに崖っぷちプロジェクトであった『ファイナルファンタジーXIV』が
“新生”するまでの過程を、
プロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏みずから振り返る。

連載の加筆再収録だけでなく、
吉田氏がプロジェクトを引き継ぐことになるまでの顛末を、
開発スタッフコアメンバーである高井浩氏と皆川裕史氏で回想する
特別鼎(てい)談も収録。

『ファイナルファンタジーXIV』のすべてのプレイヤー必見の1冊!
“ゲーム業界”の現状をリアルに垣間見られる比類なき書籍をお楽しみください。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「吉田の日々赤裸々。 『ファイナルファンタジーXIV』はなぜ新生できたのか」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 積読消化。2010年秋。スクウェア・エニックスのMMORPG「ファイナルファンタジーⅩⅣ」は、決して大袈裟ではなく死にかけていた。準備が不充分なまま見切り発車せざるを得なかった事が、ゲームとして未完成 積読消化。2010年秋。スクウェア・エニックスのMMORPG「ファイナルファンタジーⅩⅣ」は、決して大袈裟ではなく死にかけていた。準備が不充分なまま見切り発車せざるを得なかった事が、ゲームとして未完成、当時最新鋭のPCでもまだ処理が重く、お世辞にも快適に遊べるとは言えない負の連鎖に繋がり、歴史在る大作ゲーム最新作の評価は地に絶えようとしていた。新規タイトルを鋭意開発中だった筆者が、倒れかけの「ⅩⅣ」を引き継ぎ、如何に同タイトルの建て直しに成功したかについて赤裸々に語るコラムの書籍化(以下コメ欄に余談)。 …続きを読む
    トラシショウ。
    2016年08月28日
    18人がナイス!しています
  • 噂に聞いていた「根性版」旧FF14がいかにヒドく、そして、そこから新生に至る道程は非常に困難だったことがよく分かった。今でこそ多くのユーザーに愛されている新生だが、その前世にはこんな事があったのかと驚 噂に聞いていた「根性版」旧FF14がいかにヒドく、そして、そこから新生に至る道程は非常に困難だったことがよく分かった。今でこそ多くのユーザーに愛されている新生だが、その前世にはこんな事があったのかと驚いた。第一線で活躍しているゲーム業界の人だからこそ話せる内容も非常に興味深かった。E3などは知っていたが、gamescomは初めて聞いた。プレイしてきたくなってきたし、またやるかなーFF14。 …続きを読む
    2020年01月02日
    10人がナイス!しています
  • FF14は未プレイな私でも、面白かったです。ゲームがさらにFFが好きなら楽しめる一冊ですね。旧FF14から「新生」エオルゼアとなった意味がやっと分かりました。思ったより裏側の話ではなかったですが、吉田 FF14は未プレイな私でも、面白かったです。ゲームがさらにFFが好きなら楽しめる一冊ですね。旧FF14から「新生」エオルゼアとなった意味がやっと分かりました。思ったより裏側の話ではなかったですが、吉田さんのゲームに対する熱いような冷めている(一歩引いている?)ような想いが散りばめられていました。所々で現れる吉田さんの人柄が微笑ましくなってしまい、すっかり虜になってしまいました。2巻目もあるようでぜひ読みます。 …続きを読む
    たてつ
    2018年07月01日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品