吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年02月07日
判型:
B6判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784047333123

吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中

  • 著者 吉田直樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年02月07日
判型:
B6判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784047333123

『ファイナルファンタジーXIV』吉田直樹氏のコラム第2巻!

週刊ファミ通で好評連載中のコラム“吉田の日々赤裸々。”の単行本第2巻が登場!
巨大プロジェクト『ファイナルファンタジーXIV』で、プロデューサーとディレクターというまったく性質の異なる役職を兼任する吉田直樹氏。そんな吉田氏が日々考えていることや、『ファイナルファンタジーXIV』の開発の裏側がわかる貴重なコラムです。
今回は、第45回から第96回を収録。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「吉田の日々赤裸々。2 プロデューサー兼ディレクターの頭の中」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • いくつかの関門をしっかり越えなければ計画が白紙に戻される、グリーンライトプロセス、なんていう非常に厳しいシステムが海外のゲーム会社には導入されている事実。確かに大作洋ゲーはどれもコレもが当然のように面 いくつかの関門をしっかり越えなければ計画が白紙に戻される、グリーンライトプロセス、なんていう非常に厳しいシステムが海外のゲーム会社には導入されている事実。確かに大作洋ゲーはどれもコレもが当然のように面白く、その理由はこういった発売までの異様な苦労に起因しているらしい。しかしながら、じゃあどうしてアサシンクリードユニティはあんなことになってしまったのかという疑問。モントリオールスタジオはどうやってプロセスを突破したんだろう・・・・・・? …続きを読む
    2020年02月24日
    8人がナイス!しています
  • 今年はあまり本を読むことができず、残念。ずっと電子書籍化されていなかった今作は、part1よりも幅広い層と共有できる話題がいっぱい。やはりこの人のビジネスセンスは学ぶべきところ。。。というか、天性のリ 今年はあまり本を読むことができず、残念。ずっと電子書籍化されていなかった今作は、part1よりも幅広い層と共有できる話題がいっぱい。やはりこの人のビジネスセンスは学ぶべきところ。。。というか、天性のリーダーシップと強い心が成功に導いているのかなと感じる1冊。これだけ成功者なのにユーザーとの距離が近いのは相当の努力が必要なんだろうなと。 …続きを読む
    いぐ
    2019年12月31日
    2人がナイス!しています
  • オーケストラコンサートの話で泣きました。最後の書きおろしのお話もとてもよかった。ゲームをプレイするだけでは知ることのない、ゲーム開発の裏側や、各種イベント開催までの背景、吉田P/Dやその他スタッフの想 オーケストラコンサートの話で泣きました。最後の書きおろしのお話もとてもよかった。ゲームをプレイするだけでは知ることのない、ゲーム開発の裏側や、各種イベント開催までの背景、吉田P/Dやその他スタッフの想い等を知ることができる本です。読み終わってしまったのがさみしい…。 …続きを読む
    neige
    2019年03月18日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品