もうひとつの空の飛び方 『枕草子』から『ナルニア国』まで

もうひとつの空の飛び方 『枕草子』から『ナルニア国』まで 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年07月16日
商品形態:
電子書籍

もうひとつの空の飛び方 『枕草子』から『ナルニア国』まで

  • 著者 荻原 規子
  • カバーイラスト 酒井 駒子
発売日:
2020年07月16日
商品形態:
電子書籍

古典、ナルニア、ジブリまで人気作家が紹介する本好きのためのブックガイド

大人気シリーズ「RDGレッドデータガール」の著者荻原規子が自らの”ファンタジーのDNA”を育んだ名作を紹介。『赤毛のアン』の日常と『枕草子』の宮廷生活、どちらの描き方にも共通するものとは? 古代中国を思わせる小野不由美の「十二国記」に西洋の児童文学を想起するのはなぜか。実は青春恋愛譚として読める佐藤さとるのコロボックル物語、『だれも知らない小さな国』。六百枚を超えたデビュー作『空色勾玉』のエピソードなど、読書の幸福が溢れるブックガイドとしても読める名エッセイ集。酒井駒子描きおろしのカバーも必見!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「もうひとつの空の飛び方 『枕草子』から『ナルニア国』まで」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ページも残り少なくなったあたりで、そういえばわたし、荻原規子氏の小説は一冊も読んでないぞ、と気がついた。でもこの本はおもしろかった。児童のときに出会った児童書を、成長途中で何度も読み返すというのは、読 ページも残り少なくなったあたりで、そういえばわたし、荻原規子氏の小説は一冊も読んでないぞ、と気がついた。でもこの本はおもしろかった。児童のときに出会った児童書を、成長途中で何度も読み返すというのは、読書の最高の楽しみのひとつだ。かならず、最初に読んだときとは違った感想を抱く。それを自分のなかでどんな風に消化するかが、その人の成長を作り上げていくのではないかな。副題にある「枕草子」の扱いが小さかったのは残念。いろいろ読みたい本が増えたのは、まあいつものことだ。ダイアナ・ウィン・ジョーンズとか、荻原規子とか。 …続きを読む
    瀧ながれ
    2020年08月07日
    33人がナイス!しています
  • 荻原氏の初エッセイ文庫化。ウェブ連載から読んでいたのでとても嬉しい。このエッセイで「妖女サイベルの呼び声」を読んだのだ。再読して、荻原氏のファンタジー論に改めてなるほどと思ったり、2000年代初めのフ 荻原氏の初エッセイ文庫化。ウェブ連載から読んでいたのでとても嬉しい。このエッセイで「妖女サイベルの呼び声」を読んだのだ。再読して、荻原氏のファンタジー論に改めてなるほどと思ったり、2000年代初めのファンタジーブームの空気感を思い出して懐かしい気持ちになったりした。私がファンタジーを認識したのは、「ゲド戦記」と荻原氏の「空色勾玉」だった。空を飛ぶように、今ここではないどこかに行きたい気持ちが強くなるとファンタジーを読んでしまう。これからも良質のファンタジーに出会えたらいいなと思う。 …続きを読む
    kashiha
    2020年07月19日
    8人がナイス!しています
  • ファンタジー作家の原点にあたるファンタジー作品ってなんだろう?と気になり読み始めました。海外の古典的名作に触れず育った私にとって、うらやましい本の読み方だなぁ、というのが一番の感想です。まだ読んだこと ファンタジー作家の原点にあたるファンタジー作品ってなんだろう?と気になり読み始めました。海外の古典的名作に触れず育った私にとって、うらやましい本の読み方だなぁ、というのが一番の感想です。まだ読んだことのない「ナルニア国物語」への期待と楽しめるだろうかという不安が増していきました。神話といった古くから人々の心の底に訴える物語の下地があってこそ、ファンタジー作品がファンタジーたりえるという考えに、氏の「空色勾玉」シリーズを思い返して、なるほどと納得がいきました。 …続きを読む
    きみー
    2020年08月02日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品