時は黙して語らない 古文書解読師・綱手正陽の考察

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784049129601

時は黙して語らない 古文書解読師・綱手正陽の考察

  • 著者 江中 みのり
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784049129601

古文書を読み解き、真実を照らし出す。歴史と想いを紐解く古文書ミステリ!

 古文書に傾倒し、周囲から《解読師》と呼ばれる歴史学専修の院生・綱手。研究室で見つかった古文書の返却を任じられた綱手は、瀬戸内海の小さな島を訪れる。同行者のトラブルメーカー・相馬に振り回されつつ返却を済ませた綱手だが、連続殺人事件に遭遇してしまい……。
 島に伝わる『白妙姫伝説』を模した殺人、白妙姫の生まれ変わりと信奉される少女、内容が欠けた謎の手記――。
 綱手は古文書を読み解き、歴史の陰に隠された真実に光を当てる。
 物憂げな《解読師》が紡ぐ、古文書ミステリ!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

序章
第一章 邂逅(かいこう)
白妙姫のはなし
第二章 祭り

メディアミックス情報

NEWS

「時は黙して語らない 古文書解読師・綱手正陽の考察」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 考古学研究室に放置された古文書を発端としたミステリー。古文書読解を特技とする綱手に返却の任が押し付けられ、訪れた離島で連続殺人事件に巻き込まれる。真犯人は見え見えだったりと、ミステリーとしては弱いもの 考古学研究室に放置された古文書を発端としたミステリー。古文書読解を特技とする綱手に返却の任が押し付けられ、訪れた離島で連続殺人事件に巻き込まれる。真犯人は見え見えだったりと、ミステリーとしては弱いものの、瀬戸内に浮かぶ離島の雰囲気描写は良いなと感じる。また、そこに伝わる伝承とされるものを、殊に姫様に率いられる海賊という手垢のついた設定を、まずまずの内容に仕立て上げているなという印象。ホームズ役の友人・相馬など個性的なキャラを揃えていて、まずまずの一冊だと思います。続刊があるなら手にしたい。 …続きを読む
    ponpon
    2019年12月31日
    50人がナイス!しています
  • 古文書に傾倒し、周囲から《解読師》と呼ばれる歴史学専修の院生・綱手。研究室で見つかった古文書の返却を任じられた綱手は、友人の相馬とともに瀬戸内海の小さな島を訪れる古文書ミステリ。相馬に振り回されつつ返 古文書に傾倒し、周囲から《解読師》と呼ばれる歴史学専修の院生・綱手。研究室で見つかった古文書の返却を任じられた綱手は、友人の相馬とともに瀬戸内海の小さな島を訪れる古文書ミステリ。相馬に振り回されつつ返却を済ませた綱手が遭遇する島に伝わる『白妙姫伝説』を模した連続殺人事件。白妙姫の生まれ変わりと信奉される少女、内容が欠けた謎の手記。専門的な内容になると途端に饒舌になるあたりには苦笑いでしたけど、相馬と二人で古文書から謎を解き明かしてゆく展開はなかなか良かったですね。シリーズ続刊あるならまた読んでみたいです。 …続きを読む
    よっち
    2020年03月04日
    36人がナイス!しています
  • 古文書、考古学、歴史が絡むミステリーが大好き。タイトルで購入した本です。島の旧家に残された古文書、白妙姫伝説。こう言う背景は大好き。ミステリーはとても軽め。主人公 綱手君にも少しイラッとした。何かハッ 古文書、考古学、歴史が絡むミステリーが大好き。タイトルで購入した本です。島の旧家に残された古文書、白妙姫伝説。こう言う背景は大好き。ミステリーはとても軽め。主人公 綱手君にも少しイラッとした。何かハッキリしないのよね。相馬君は良いキャラだとは思うけど、綱手君にお金を出してあげるとか、綱手君が出してくれるよねとか言った会話が嫌だった。作者さんの歴史愛は伝わったけれど、ミステリーのドキドキ感は伝わらなかった。 …続きを読む
    みい坊
    2021年02月13日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品