メディアワークス文庫

吉原百菓ひとくちの夢

ひとくちの菓子で繋がる優しい“絆”。とある料理番が紡ぐ人情物語。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年02月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
276
ISBN:
9784048936248
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト

メディアワークス文庫

吉原百菓ひとくちの夢

ひとくちの菓子で繋がる優しい“絆”。とある料理番が紡ぐ人情物語。

  • 著者 江中 みのり
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年02月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
276
ISBN:
9784048936248

ひとくちの菓子で繋がる優しい“絆”。とある料理番が紡ぐ人情物語。

『生きるための食事でなく、ひと時の幸福のための菓子を作る』
 江戸の吉原一、料理が美味いと評判の中見世・美角屋。そこで働く“菓子専門の料理番”太佑は、日々訪れる客や遊女達のために菓子を作っていた。しかしある日、幼馴染で見世一番の花魁・朝露が全く太佑の菓子を食べていないことを知り……。
 切ない想いを秘め、懸命に生きる人々にひとくちの“夢”を届ける――とある料理番の、心温まる人情物語。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「吉原百菓ひとくちの夢」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 特に夜の描写に独特の色気や空気のゆらめきのようなものが感じられ、この方はこれから書いていかれる方だなと思った。吉原の哀しさも江戸時代の菓子についてもよく取材されていて、不安定なところなく読めた。これか 特に夜の描写に独特の色気や空気のゆらめきのようなものが感じられ、この方はこれから書いていかれる方だなと思った。吉原の哀しさも江戸時代の菓子についてもよく取材されていて、不安定なところなく読めた。これからの作品を楽しみにしております。 …続きを読む
    佐島楓@勉強中
    2018年02月25日
    65人がナイス!しています
  • 第24回電撃小説大賞・メディアワークス文庫賞受賞作です。花街・吉原を舞台に、見世で働く菓子専門の料理人を主人公に描く人情話。ライト文芸でも良く見かける“グルメもの”になるのかな? それでも登場するキャ 第24回電撃小説大賞・メディアワークス文庫賞受賞作です。花街・吉原を舞台に、見世で働く菓子専門の料理人を主人公に描く人情話。ライト文芸でも良く見かける“グルメもの”になるのかな? それでも登場するキャラがみんな魅力的で、楽しく読めました。作者さん、時代ものを書くのは初めてだったそうですが(あとがきより)、きちんと書かれてたし読みやすかったし、今年もメディアワークス文庫賞は当たりやね♪ …続きを読む
    Ammie as 妹子⛪
    2018年03月04日
    45人がナイス!しています
  • この本は この表紙じゃなかったら きっと手にとることはなかったかも。(イケメンです✧*)久しぶりの時代小説、吉原の美角屋で和菓子専門料理番として働く太佑。吉原百菓ひとくちの夢〜花魁の朝露のため、そして この本は この表紙じゃなかったら きっと手にとることはなかったかも。(イケメンです✧*)久しぶりの時代小説、吉原の美角屋で和菓子専門料理番として働く太佑。吉原百菓ひとくちの夢〜花魁の朝露のため、そして「生きるための食事ではなく、ひと時の幸福のための菓子を作る」物語。吉原の中でありながら表紙のように淡い読み心地。転と結がよかった。食いしん坊の私としては、お菓子の描写は薄口だったかな。 …続きを読む
    はるぽん☆*゚
    2018年04月06日
    38人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品