赤い部屋異聞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年12月04日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784041088302

赤い部屋異聞

  • 著者 法月 綸太郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年12月04日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784041088302

作家・法月綸太郎が、偏愛する東西の名作九篇に捧ぐ、オマージュ連作短編集

日常に退屈した者が集い、世に秘められた珍奇な話や猟奇譚を披露する「赤い部屋」。新会員のT氏は、これまで九十九人の命を奪ったという〈殺人遊戯〉について語り始める。少しも法律に触れない、安全至極な殺人法とは――そして恐るべき身の上話ののち、仰天の結末がT氏を待ち受けていた!(「赤い部屋異聞」) 乱歩の名作をアレンジし、どんでん返しのつづら折りが見事な表題作ほか、都筑道夫のホラー短編を下敷きにした“決して最後まで読めない本”の怪異譚「だまし舟」(書き下ろし)など、マニアであれば二度おいしい、絶品揃いの全九篇。

もくじ

赤い部屋異聞
砂時計の伝言
続・夢判断
対位法
まよい猫
葬式がえり
最後の一撃
だまし舟
迷探偵誕生


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「赤い部屋異聞」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 乱歩など古今東西の名作ミステリのオマージュ短編集。元ネタへの敬意を十分に感じさせる作り込みで、実に多彩なミステリの味をふんだんに楽しめた。著者がセレクトしただけあって、どれもひとクセもふたクセもあるも 乱歩など古今東西の名作ミステリのオマージュ短編集。元ネタへの敬意を十分に感じさせる作り込みで、実に多彩なミステリの味をふんだんに楽しめた。著者がセレクトしただけあって、どれもひとクセもふたクセもあるものばかり。こんなミステリもあるんだと発想に思わず感服させられ、ミステリを読む楽しさを改めて感じた。さらに各篇ごとに著者の濃い解説が付き、元を読みたくなることしきり。「砂時計の伝言」「続・夢判断」「葬式がえり」「だまし舟」「迷探偵誕生」あたりがお気に入り。著者のミステリ愛が伝わってくる作品だった。 …続きを読む
    buchipanda3
    2019年12月07日
    76人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品