パズル崩壊 WHODUNIT SURVIVAL 1992‐95

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041033616

パズル崩壊 WHODUNIT SURVIVAL 1992‐95

  • 著者 法月 綸太郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041033616

本格ミステリの名手が描く、初期名作短編集。

女の上半身と男の下半身が合体した遺体が発見された。残りの体と密室トリックの謎に迫る(「重ねて二つ」)。現金強奪事件を起こした犯人が陥った盲点とは?(「懐中電灯」)全8編を収めた珠玉の短編集。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「パズル崩壊 WHODUNIT SURVIVAL 1992‐95」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 悩める時期の短編集。再読だがやはり分かりやすい分かりにくい面白い面白くないがハッキリしており、今回の角川文庫版での大森望氏の解説で色々と補足されて「なるほど」と。「懐中電灯」「トランスミッション」が分 悩める時期の短編集。再読だがやはり分かりやすい分かりにくい面白い面白くないがハッキリしており、今回の角川文庫版での大森望氏の解説で色々と補足されて「なるほど」と。「懐中電灯」「トランスミッション」が分かりやすく好き。「カット・アウト」の雰囲気が好きだし何かを連想すると唸ってたら、解説で宮内悠介「原爆の局」に言及されており「おお!」となった。最後の短編に現れる泥酔者は「密閉教室」の彼に似て非なる人物なんだろうか。 …続きを読む
    Yuki
    2018年11月11日
    39人がナイス!しています
  • 久々に読んだ。『重ねて二つ』『懐中電灯』『黒のマリア』あたりが良かった。最後の作品は昔読んだときは分からなかったけど、『長いお別れ』のようだ。このまま作品になって『十日間の不思議』と足して2で割ったよ 久々に読んだ。『重ねて二つ』『懐中電灯』『黒のマリア』あたりが良かった。最後の作品は昔読んだときは分からなかったけど、『長いお別れ』のようだ。このまま作品になって『十日間の不思議』と足して2で割ったような作品というのを読んでみたかった。『挑戦者たち』のような作品も悪くはないけど、また探偵の法月綸太郎の作品が読みたいな。 …続きを読む
    ホームズ
    2016年10月01日
    35人がナイス!しています
  • 前の冒険よりは質ががくっと落ちてしまいましたね…あの誘拐のやつと懐中電灯は好きなんですがね…他のがちょっと微妙でしたね。 前の冒険よりは質ががくっと落ちてしまいましたね…あの誘拐のやつと懐中電灯は好きなんですがね…他のがちょっと微妙でしたね。
    たかなし
    2018年09月12日
    25人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

法月綸太郎(のりづき・りんたろう)

1964年松江市生まれ。京都大学法学部卒。在学中は京大推理小説研究会に所属。88年に『密閉教室』でデビュー。2002年「都市伝説パズル」で日本推理作家協会賞短編部門を受賞。05年『生首に聞いてみろ』で「このミステリーがすごい!2005年版」国内篇の第1位を獲得。同書は本格ミステリ大賞を受賞。他著に『頼子のために』『一の悲劇』『ふたたび赤い悪夢』『キングを探せ』など。

最近チェックした商品