旅する神々 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年11月27日
商品形態:
電子書籍

旅する神々

  • 著者 神崎 宣武
発売日:
2020年11月27日
商品形態:
電子書籍

宮本常一に師事し、宇佐八幡神社宮司でもある著者が日本原初の神々を説く

五つの名を持つ大国主神の変幻自在な旅、浦島太郎のモデルとなった山幸彦の海神の宮訪問、吉備津神の温羅退治遠征、天照大御神の「永遠の宮所」を探し求める倭姫命の国覓ぎの旅、民俗行事にみえる仮面・仮装の神々の来訪――神は常在せず、古来、人びとの延長線上にあった。『古事記』をはじめ神話や行事に息づく奔放で多情多様な「旅する神」の姿に、日本独自の神々と人びとの関係をさぐり、原信仰を浮かび上がらせる。

「日本は、ついぞ宗教統制をさほどに大事とせず、多神教が共存を是としてきた。おもしろい、というしかない。そこでの神々も多様な性格があるが、それも絶対的ではない。時どきに変化もあり習合もあり、それがおもしろい。ということは、神々と人びとの自在な関係がおもしろい――」(「第一章」より)

序章 呼べば応える日本の神々
第一章 大国主神の旅
第二章 山幸彦の旅
第三章 吉備津彦の旅
第四章 倭姫命の旅
第五章 倭建命の旅
終章 招かれざる神々の来訪

メディアミックス情報

NEWS

「旅する神々」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 図書館本 著者ファン あれ?なんかいつもと違う感じ。古事記?桃太郎の鬼は他所から来て山に籠り瀬戸内で海賊もやってた。水軍たちのご先祖?あ!桃太郎のモデルの吉備津彦は確かに「岡山人」ではないわ!キビ団子 図書館本 著者ファン あれ?なんかいつもと違う感じ。古事記?桃太郎の鬼は他所から来て山に籠り瀬戸内で海賊もやってた。水軍たちのご先祖?あ!桃太郎のモデルの吉備津彦は確かに「岡山人」ではないわ!キビ団子のお土産をキヨスクで売ったから桃太郎=岡山人イメージになった!倭姫の旅の目的はアマテラス神の呪的環を作ることと、呪的中心を定めることで、元からの山神と無駄に諍いを起こさないよう懐柔したってことか。太陽神は世界的には女神で、中国、アイヌ、イヌイットなどの東アジア系民族も女神で(wikiより)日本独特ではない。 …続きを読む
    tama
    2021年04月15日
    7人がナイス!しています
  • 同じ著者の『社をもたない神々』が良かったので手にとったが、古事記の筋説明パートが多く、既知の向きにはやや退屈。著者が関わる岡山近隣の鳴釜神事、備中神楽「吉備津」の詳細な紹介は非常に読み応えあるので、も 同じ著者の『社をもたない神々』が良かったので手にとったが、古事記の筋説明パートが多く、既知の向きにはやや退屈。著者が関わる岡山近隣の鳴釜神事、備中神楽「吉備津」の詳細な紹介は非常に読み応えあるので、もっと我々のもとへ来てくれる神々や、御柱などに寄り付く神々について、的を絞って綴ってある方がよかった。ともあれ、吉備津彦の名は古事記に表れるのだが、室町時代の『御伽草子』には桃太郎の話は無い。現存最古の桃太郎は江戸中期。吉備津彦の温羅退治伝説と桃太郎を結びつけたのは昭和5年のこと。 …続きを読む
    なおこっか
    2021年05月27日
    4人がナイス!しています
  • ちょっと馴染めなかった ちょっと馴染めなかった
    Hiroki Nishizumi
    2021年05月30日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品