死なない生徒殺人事件 ~識別組子とさまよえる不死~ 新装版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784049128185

死なない生徒殺人事件 ~識別組子とさまよえる不死~ 新装版

  • 著者 野崎 まど
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784049128185

永遠の命を持った女子生徒。ある日、彼女は殺された。

「この学校には、永遠の命を持つ生徒がいる」
 女子校「私立藤凰学院」に勤めることとなった、生物教師・伊藤は、同僚の教師や、教え子からそんな噂を聞く。人として、生き物としてありえない荒唐無稽な話。だがある日、伊藤はその「死なない生徒」に話しかけられた。
 “自称不死”の少女・識別組子。だが、彼女はほどなく何者かによって殺害され、遺体となって発見される――!
 “生命”と“教育”の限界に迫る鬼才・野崎まど新装版シリーズ第3弾!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「死なない生徒殺人事件 ~識別組子とさまよえる不死~ 新装版」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 新しく学校に赴任してきた教師が出会う「永遠の命を持つ生徒の噂」。学校の怪談的ホラーを連想しながら読むが、不死の概念についての考察が主な所。犯人よりも不死の理由を暴くミステリとして楽しめた。著者の小説ら 新しく学校に赴任してきた教師が出会う「永遠の命を持つ生徒の噂」。学校の怪談的ホラーを連想しながら読むが、不死の概念についての考察が主な所。犯人よりも不死の理由を暴くミステリとして楽しめた。著者の小説らしく語り手の男性と妙に衒学的な女性の掛け合いで話が進んでいくのだが、このスタイルと考察って妙に合うよね。こういう生命とかの概念を捉え直していくのとか、伊藤計劃連想させるのだけど、現在の日本SFってこういうのが主流となっているのかなあ。読み終えた時点で、タイトルが持つ意味に気付かされて驚かされるのもまた良し。 …続きを読む
    HANA
    2020年06月12日
    53人がナイス!しています
  • シリーズ3作目は学校が舞台のミステリ。赴任したばかりの生物教師・伊藤が主人公と、本シリーズにしては極普通な名前の人物のため、あまり重要な立ち位置ではないのかもと想像をします。そして彼が赴任した高校には シリーズ3作目は学校が舞台のミステリ。赴任したばかりの生物教師・伊藤が主人公と、本シリーズにしては極普通な名前の人物のため、あまり重要な立ち位置ではないのかもと想像をします。そして彼が赴任した高校には、永遠の命を持つ生徒がいると噂されており勿論表題の殺人事件に係ってきます。自称不死の少女・識別組子とまさに生命の問題を扱う学問が専門の主人公との対話が本作の核心だが、その際彼女が説明に用い最後まで抽象的な問題として残った「四角形と五角形の間の図形」とは一体何だったのだろうか。すごく作者の頭の中が気になります。 …続きを読む
    Shun
    2020年08月09日
    23人がナイス!しています
  • 死なない生徒が殺されるという、独特な世界観にもかかわらず、キャラクターの掛け合いは安定して面白かった。ミステリー要素も強いので、最後まで色々考えながら楽しく読めました。前半の会話パートの面白さ⇒後半の 死なない生徒が殺されるという、独特な世界観にもかかわらず、キャラクターの掛け合いは安定して面白かった。ミステリー要素も強いので、最後まで色々考えながら楽しく読めました。前半の会話パートの面白さ⇒後半の急展開はクセになりますね。 …続きを読む
    moto
    2019年12月08日
    17人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品