試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041087473

自閉症の僕の七転び八起き

  • 著者 東田 直樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041087473

『自閉症の僕が跳びはねる理由』の東田直樹、待望の文庫エッセイ第5弾!

障害者だけでなく、人は誰でもどこかに不自由を抱えている――。「自閉症」という障害への思い、会話ができないからこそ見えてくる日常の様々な気づき。自らの「七転び八起き」の歩みが詰まった一冊!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「自閉症の僕の七転び八起き」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 久しぶりに東田さんの本に出会いました。頭では理解している障害者への対応や考え方。ご本人の言葉を読むと、私達定型発達と呼ばれる側が持つ「当たり前」を押し付けていると思ってしまいます。気持ちを切り替えて… 久しぶりに東田さんの本に出会いました。頭では理解している障害者への対応や考え方。ご本人の言葉を読むと、私達定型発達と呼ばれる側が持つ「当たり前」を押し付けていると思ってしまいます。気持ちを切り替えて…仕事しないとですね。 …続きを読む
    よっしー
    2020年01月12日
    10人がナイス!しています
  • 自閉症者である著者が自らの言葉で自らを語る。検査結果だけでは解らないことがあると思うという当事者の言葉は重い。 自閉症者である著者が自らの言葉で自らを語る。検査結果だけでは解らないことがあると思うという当事者の言葉は重い。
    radish
    2020年01月02日
    2人がナイス!しています
  • 東田さんの感じているコトとそこから考えている工程は、確かに自閉症者の彼特有のモノかもしれない。しかし彼が綴る言葉は良い意味で普通の言葉なのだと実感する。それは私の心に直接響き、きっと多く人の心にも届い 東田さんの感じているコトとそこから考えている工程は、確かに自閉症者の彼特有のモノかもしれない。しかし彼が綴る言葉は良い意味で普通の言葉なのだと実感する。それは私の心に直接響き、きっと多く人の心にも届いているからだと思う。 以前、東田さんの別の著者でも読んだことがあるが、『世界に一つだけの花』に対する違和感は私も曲が流行っていた当時からもっていた。 …続きを読む
    カナトキ
    2020年07月06日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品