おとなりの晴明さん 第五集 ~陰陽師は雪の文様を愛でる~

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
258
ISBN:
9784049127294

おとなりの晴明さん 第五集 ~陰陽師は雪の文様を愛でる~

  • 著者 仲町 六絵
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
258
ISBN:
9784049127294

わたしの家のおとなりには、どうやらあの「晴明さん」が住んでいる――。

 おけら参りを控え、寒さが身に染みる京都の歳末。お隣に住む陰陽師・晴明さんは骨董鑑定のお仕事に足を運ぶ。
 現世に馴染んでいく晴明さんに、桃花は雪の文様をかたどった香立を贈る。現世で素敵な休暇をすごせるよう願いを込めて。一方の晴明さんは、陰陽術に目覚めた桃花に師として結び桜の紋を授ける。
 そうして時間が過ぎる中、二人のもとに、京の悲しい歴史に関わる百鬼夜行が訪れ……平安京から現代京都へ、悠久の歴史が織りなす優しいあやかしファンタジー。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「おとなりの晴明さん 第五集 ~陰陽師は雪の文様を愛でる~」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 初雪の日に始まり、桜咲く頃に終わる。今作では様々な表情を見せる晴明さんだが、一番の変化は桃花。ついに、晴明に認められるようになるのだが、それだけではないような……? これから、悲しい展開にだけはなって 初雪の日に始まり、桜咲く頃に終わる。今作では様々な表情を見せる晴明さんだが、一番の変化は桃花。ついに、晴明に認められるようになるのだが、それだけではないような……? これから、悲しい展開にだけはなってほしくないけれど、避けることのできない闘いもあるのかも。 …続きを読む
    佐島楓
    2019年07月24日
    62人がナイス!しています
  • 晴明さんのシリーズ第五作目。いつもの短編集ですが最後の話が特に面白かった。坂上田村麻呂のお話で京都と大津が舞台になっていて『からくさ図書館』の篁、時子、茜らが終結して豪華な感じがして良かった。 桃花も 晴明さんのシリーズ第五作目。いつもの短編集ですが最後の話が特に面白かった。坂上田村麻呂のお話で京都と大津が舞台になっていて『からくさ図書館』の篁、時子、茜らが終結して豪華な感じがして良かった。 桃花も晴明さんの助手?としての手腕が上がって急成長してて高校2年生になっての続編が楽しみです。 『我が川は鴨川、我が海は淡海(琵琶湖)』桃花の口上がカッコ良かった! …続きを読む
    カメ吉
    2019年08月03日
    59人がナイス!しています
  • 無邪気な桃花に振り回され気味の晴明さんがかわいい。雪の文様をプレゼントするわ、思いのままに晴明さんに呪をかけてしまうわ無邪気最強ですね。アテルイの話もヤギの話も居場所を見失う戸惑いが悲しい。 無邪気な桃花に振り回され気味の晴明さんがかわいい。雪の文様をプレゼントするわ、思いのままに晴明さんに呪をかけてしまうわ無邪気最強ですね。アテルイの話もヤギの話も居場所を見失う戸惑いが悲しい。
    真理そら
    2022年05月06日
    41人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品