震える天秤

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年08月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
336
ISBN:
9784041085493

震える天秤

  • 著者 染井 為人
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年08月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
336
ISBN:
9784041085493

高齢ドライバーによる死亡事故、それは本当に〈老いの宿命〉だったのか?

北陸のコンビニで高齢ドライバーによる死亡事故が発生した。86歳男性の運転するトラックが店舗に突っ込み、店員を轢き殺したのだ。アクセルとブレーキを踏み違えたという加害者は認知症の疑いがあり、警察は責任能力を調査している。事故に違和感を覚えたライターの俊藤律(しゅんどう・りつ)は加害者の村を訪ねるが、村人の過剰な緊張に迎えられて――「この村はおかしい。必死で何かを隠している」。取材に乗り出した律は、目撃者の少女をきっかけに、続々と予想外の事実を知ることに……。横溝賞出身作家が放つ最先端の社会派サスペンス!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「震える天秤」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • なんだかんだで新刊出る度に追っている作家さん。三作目となる今回は、あらゆる面で非常にオーソドックスなミステリ。社会派を標榜するには抉るような視点がなく、怪しい過疎の村を登場させた割には、こちらも筆力で なんだかんだで新刊出る度に追っている作家さん。三作目となる今回は、あらゆる面で非常にオーソドックスなミステリ。社会派を標榜するには抉るような視点がなく、怪しい過疎の村を登場させた割には、こちらも筆力で料理しきれたとはいい難い。オーソドックスも、悪い言い方をしてしまえば凡庸となるが、相変わらず題材選びは面白く、著者の年齢も関係あるのか、会話文の言葉選びが現代的というか、低体温で距離感を失わない感じが、ある意味スタイリッシュ。読みやすさにもつながっている。もうしばらくは追う予定。 …続きを読む
    W-G
    2019年09月25日
    378人がナイス!しています
  • 「なんでやろう、アクセルを踏みつけとるんです」死亡事故を起こした老人・落井正三は認知症だったのかー私の母も今年免許証返納した。田舎に暮らすと車は欠かせない。運転できるのが自分の自信にもなっているのだー 「なんでやろう、アクセルを踏みつけとるんです」死亡事故を起こした老人・落井正三は認知症だったのかー私の母も今年免許証返納した。田舎に暮らすと車は欠かせない。運転できるのが自分の自信にもなっているのだーこの事故には伏線があって、だから心情的にこの正三を裁けない。動機は明白なのに事故と事件の線引きはどこだ。殺されていい人間などいない・・はず。フリーライター・俊藤律がその周辺を探るのだが「自分の良心に従う」と決断した思いをこの先も抱えて生きて行け。 …続きを読む
    いつでも母さん
    2019年09月16日
    225人がナイス!しています
  • あー、いいタイトルだなぁ。読み終わって感じる。高齢者ドライバーによる事故で免許返納問題が起きている昨今。そこに注視した作品でもあるが、一方で過疎化の村に住む人々の偏った思い。それを調査していくフリーラ あー、いいタイトルだなぁ。読み終わって感じる。高齢者ドライバーによる事故で免許返納問題が起きている昨今。そこに注視した作品でもあるが、一方で過疎化の村に住む人々の偏った思い。それを調査していくフリーランスのライター。これまでの染井作品とは一線を画してストレートに読ませて、ガツンとくる社会派サスペンスになっている。笑いながらムカつきながら読むのもいいけど、こんな最先端の問題に切り込む作品も好きだなぁ。ライターの律の心情がわかってくるほどに切なくて、ラストの決断にガッツポーズ! …続きを読む
    タイ子
    2019年09月19日
    126人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品