悪い夏

第37回横溝正史ミステリ大賞<優秀賞>

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年09月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
336
ISBN:
9784041061824

第37回横溝正史ミステリ大賞<優秀賞>

悪い夏

  • 著者 染井 為人
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年09月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
336
ISBN:
9784041061824

第37回横溝正史ミステリ大賞優秀賞受賞! 迫真の犯罪小説。

26歳の守は地方都市の社会福祉事務所で、生活保護受給者(ケース)のもとを回るケースワーカーとして働いていた。曲者ぞろいのケースを相手に忙殺されていたその夏、守は同僚が生活保護の打ち切りをチラつかせ、ケースである22歳の女性に肉体関係を迫っていることを知る。真相を確かめるために守は女性のもとを訪ねるが、やがて脅迫事件は形を変え、社会のドン底で暮らす人々を巻き込んでいく。生活保護を不正受給する小悪党、貧困にあえぐシングルマザー、東京進出をもくろむ地方ヤクザ。負のスパイラルは加速し、ついには凄絶な悲劇へと突き進む――。
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「悪い夏」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 大賞ではない優秀賞という事で読むか悩んだが、思いのほか楽しく読めた。横溝正史の名前を冠した賞にはそぐわないし、ケースワーカーのディティールも書き込みは浅いし、特にミステリの要素もないが、他のレビューに 大賞ではない優秀賞という事で読むか悩んだが、思いのほか楽しく読めた。横溝正史の名前を冠した賞にはそぐわないし、ケースワーカーのディティールも書き込みは浅いし、特にミステリの要素もないが、他のレビューにもあるように、奥田英朗の『邪魔』『最悪』あたりの世界観。登場人物たちに「ああ、こういう人いるいる」という共感は強く感じられ、それがたまたまいっせーので悪い方向に転じていってしまっただけ(ヤクザの人は例外)な感じ。応募する賞を間違えてる気がして仕方がないのだが、乱歩賞とかも乱歩関係ないしこんなものなのか。 …続きを読む
    W-G
    2017年10月11日
    512人がナイス!しています
  • 生活保護の不正受給者、その弱みに付け込むケースワーカー、さらに恐喝して金を巻き上げようとするヤクザ、悪いやつらがいっぱい。松本清張の「わるいやつら」を思い出しました。それも巨悪ではなく、小悪党ばかりの 生活保護の不正受給者、その弱みに付け込むケースワーカー、さらに恐喝して金を巻き上げようとするヤクザ、悪いやつらがいっぱい。松本清張の「わるいやつら」を思い出しました。それも巨悪ではなく、小悪党ばかりの・・。不幸な人は這い上がるため、他人を蹴落として、不幸に陥れるという負の連鎖。愛美と美空を救おうとしたまじめな福祉事務所員の佐々木守も、ヤクザの罠にはまり、おかしくなってしまう。全く救いのない話だったけど、エンタメ小説としては面白かった。ただ、こんな話は小説の中だけであって欲しいと願わずにはいられなかった。 …続きを読む
    ウッディ
    2018年04月23日
    216人がナイス!しています
  • 何だかハチャメチャな展開を楽しんだ一冊。生活保護をめぐる不正受給者と行政とのせめぎ合い、その模様は少し立場違えど仕事柄よく聞く内容ばかりで何とも名伏せ難い。そこに悪徳ケースワーカーやヤクザなどが関わり 何だかハチャメチャな展開を楽しんだ一冊。生活保護をめぐる不正受給者と行政とのせめぎ合い、その模様は少し立場違えど仕事柄よく聞く内容ばかりで何とも名伏せ難い。そこに悪徳ケースワーカーやヤクザなどが関わり、MDMA・覚醒剤や虐待などで闇を描くのを一気に読めるが、ちょっと極モノをこのテーマで書くのが個人的には違和感が強かった。保護を求める・認める双方に登場する公然として“善”なキャラが堕落していく様が分かりやすくも何ともせつない。誰にでも起こり得るとはならないまでも、各々の自己擁護の言葉が鼻につくも身に染みる… …続きを読む
    nobby
    2018年05月12日
    209人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品