文庫版 オジいサン 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年12月24日
商品形態:
電子書籍

文庫版 オジいサン

  • 著者 京極 夏彦
発売日:
2019年12月24日
商品形態:
電子書籍

なにも起きない老後。でもそれがいい。ほっこり笑える、シニア応援小説!

益子徳一(72)は独り暮らし。誰かに「オジいサン」と優しく呼ばれたことを思い出したり、ゴミの分別で悩んだり、調子に乗って妙な料理を作ったり。あるがままに生きる徳一の、ささやかであたたかな一週間


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「文庫版 オジいサン」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ラストシーンで徳一さんと田中電気さんが楽しそうで幸せそうでなんか涙が出てきた☺️ 当初は徳一さん、ヨボヨボであぶないんではと心配でしたが、そんなことは全くなく思慮深いダンディな人みたいなことが解ってき ラストシーンで徳一さんと田中電気さんが楽しそうで幸せそうでなんか涙が出てきた☺️ 当初は徳一さん、ヨボヨボであぶないんではと心配でしたが、そんなことは全くなく思慮深いダンディな人みたいなことが解ってきて、会う人ごとの的確な対応に感心してます。菊田さんは苦手みたいですが、知らなくても無関心じゃないって大事だと思います🤔 ……徳一さんへ👉玉子焼きは、箸で作れます。目玉焼きは最初小鉢に割ってからフライパンに入れればカケラなんかが入らなくて良い。と小学校の家庭科で習いました。😆😆😆 …続きを読む
    coolgang1957
    2020年01月15日
    48人がナイス!しています
  • 70歳過ぎの一人暮らしのじい様の話しなんて、書く方も書く方だが、読む奴いるのかよ、てここにいたんだけどね。  徳一さんには、特段のことも起こらなければ、奇行もなく(言うなら良識的)、解説の宮部さんは賞 70歳過ぎの一人暮らしのじい様の話しなんて、書く方も書く方だが、読む奴いるのかよ、てここにいたんだけどね。  徳一さんには、特段のことも起こらなければ、奇行もなく(言うなら良識的)、解説の宮部さんは賞賛されているけど、どう言ったってじいさんの日常だ。でも、読んでいると沁みてきて、後半にはクスッといったりも。  一人暮らしでは、そう呼ばれることもない中、公園で「オジいサン」と呼ばれて普通に反応したのが、改めての認識という肝なんだろうね。それと、隣家のおばさんみたいな年寄りへの決めつけは他山の石としておこう。 …続きを読む
    onasu
    2020年03月11日
    36人がナイス!しています
  • 1人の老人の何気ない日常が綴られている物語。なんでもないような事なんだけど自分もこんな風になってゆくのかなぁ〜こんな風にのんびり歳をとりたいなぁってふと思った。新型ウィルスで馬鹿みたいに買い占めが起き 1人の老人の何気ない日常が綴られている物語。なんでもないような事なんだけど自分もこんな風になってゆくのかなぁ〜こんな風にのんびり歳をとりたいなぁってふと思った。新型ウィルスで馬鹿みたいに買い占めが起きたり、人が人を平気で攻撃したり罵ったり鬱々とする毎日にホッと読める1冊だった。最後はほんわかあったかくなった。 …続きを読む
    ぴ〜る
    2020年03月07日
    29人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品