文庫版 オジいサン 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年12月24日
商品形態:
電子書籍

文庫版 オジいサン

  • 著者 京極 夏彦
発売日:
2019年12月24日
商品形態:
電子書籍

なにも起きない老後。でもそれがいい。ほっこり笑える、シニア応援小説!

益子徳一(72)は独り暮らし。誰かに「オジいサン」と優しく呼ばれたことを思い出したり、ゴミの分別で悩んだり、調子に乗って妙な料理を作ったり。あるがままに生きる徳一の、ささやかであたたかな一週間


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「文庫版 オジいサン」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ラストシーンで徳一さんと田中電気さんが楽しそうで幸せそうでなんか涙が出てきた☺️ 当初は徳一さん、ヨボヨボであぶないんではと心配でしたが、そんなことは全くなく思慮深いダンディな人みたいなことが解ってき ラストシーンで徳一さんと田中電気さんが楽しそうで幸せそうでなんか涙が出てきた☺️ 当初は徳一さん、ヨボヨボであぶないんではと心配でしたが、そんなことは全くなく思慮深いダンディな人みたいなことが解ってきて、会う人ごとの的確な対応に感心してます。菊田さんは苦手みたいですが、知らなくても無関心じゃないって大事だと思います🤔 ……徳一さんへ👉玉子焼きは、箸で作れます。目玉焼きは最初小鉢に割ってからフライパンに入れればカケラなんかが入らなくて良い。と小学校の家庭科で習いました。😆😆😆 …続きを読む
    coolgang1957
    2020年01月15日
    43人がナイス!しています
  • 定年退職後、一人暮らしをする72歳男性の主人公の視点で、その日常を描いている。大きな事件が起きるわけではないが、モノローグとして面白く、自分自身も似たような想いを持つことがあるのだ。 定年退職後、一人暮らしをする72歳男性の主人公の視点で、その日常を描いている。大きな事件が起きるわけではないが、モノローグとして面白く、自分自身も似たような想いを持つことがあるのだ。
    coldsurgeon
    2020年01月21日
    3人がナイス!しています
  • 京極夏彦さんこんな作品も書かれるのかととても驚きました。それほどまでに平和、京極さんの代名詞でもある(と、勝手に思っております)グロテスクさやおどろおどろしい感じは皆無です。ただ主人公老人である徳一さ 京極夏彦さんこんな作品も書かれるのかととても驚きました。それほどまでに平和、京極さんの代名詞でもある(と、勝手に思っております)グロテスクさやおどろおどろしい感じは皆無です。ただ主人公老人である徳一さんの日常を綴ってあるのみです。ーーが、それがまた面白いです。空回りする思考、噛み合わない会話、すぐ抜ける短期記憶……と、色々な「老人あるある」がまた面白い。私はまだ老人と言われる歳ではありませんが、年老いたらきっとこんな感じになるんだろうなあ、と想像しました。 …続きを読む
    たけのこ
    2020年01月11日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品