稲生物怪録

稲生物怪録 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年07月24日
商品形態:
電子書籍

稲生物怪録

  • 編者 東 雅夫
  • 訳者 京極 夏彦
発売日:
2019年07月24日
商品形態:
電子書籍

史上最大・最高の妖怪譚。必読の基本文献を、親しみやすい現代語訳で収録。

江戸時代中期、広島・三次藩の武士・稲生平太郎の屋敷に、一ヶ月にわたって連日、怪異現象が頻発。その目撃談をもとに描かれた「稲生物怪録絵巻」(堀田家本、全巻カラー)、平太郎本人が書き残したと伝わる『三次実録物語』(京極夏彦訳)、柏正甫『稲生物怪録』(東雅夫訳・註)が一冊に。多彩な妖怪変化、想像を絶する奇抜な生態、冷静沈着に観察する平太郎の武勇……日本各地に伝わる妖怪物語の最高峰が、待望ひさしいコンパクトな文庫版で初登場!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「稲生物怪録」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 以前から読みたかったけれど手に入らなかった「稲生物怪録」が角川ソフィア文庫で出版されるとは!ありがたやありがたや。「三次実録物語」と「稲生物怪録」の細かな点が一致しなかったり、巻物の文章と絵が微妙に違 以前から読みたかったけれど手に入らなかった「稲生物怪録」が角川ソフィア文庫で出版されるとは!ありがたやありがたや。「三次実録物語」と「稲生物怪録」の細かな点が一致しなかったり、巻物の文章と絵が微妙に違う点は多々あります。しかしストーリーにワクワクし、伸びやかな妖怪の絵に見惚れてしまいます。絶賛です。めっちゃおもしろい!! …続きを読む
    鱒子
    2019年10月12日
    66人がナイス!しています
  • 仲間との肝試しの翌日から、平太郎少年の屋敷に1か月にわたり訪れる物の怪や怪異の記録。稲生平太郎は実在したからこれは江戸時代の怪談実話ともいえる。まぁ、相手もよくこんなの思いつくなあと奇想天外でユーモラ 仲間との肝試しの翌日から、平太郎少年の屋敷に1か月にわたり訪れる物の怪や怪異の記録。稲生平太郎は実在したからこれは江戸時代の怪談実話ともいえる。まぁ、相手もよくこんなの思いつくなあと奇想天外でユーモラスな嫌がらせの数々。そして迎え撃つ平太郎も「気持ち悪いから寝た」「頭にきたので寝た」と肝の座っているのが面白い。私の好きな話は3人の虚無僧がやってきて尺八を吹いて居座るが、吹いている格好だけで音がまったく出ていないやつ。なんでエア尺八(笑)もちろん平太郎は「気にせず寝た」 …続きを読む
    あーびん
    2019年09月17日
    27人がナイス!しています
  • 1749年。三次藩(現広島県)に住む平太郎は、肝試しをきっかけに1月に渡り怪異に襲われることに。その端末を記した稲生物怪録を現代語訳。京極夏彦さんの名前に惹かれて購入。次から次へと起こる怪異に対し、し 1749年。三次藩(現広島県)に住む平太郎は、肝試しをきっかけに1月に渡り怪異に襲われることに。その端末を記した稲生物怪録を現代語訳。京極夏彦さんの名前に惹かれて購入。次から次へと起こる怪異に対し、しかし少しもビビらず華麗にスルーする平太郎にそりゃ魔王も困り果てるというもの。一方の怪異の方も直接危害を加える気もないようで(舐めまわしたり部屋を掃除したり、床がベタベタしたり…)冒頭の絵巻を見てもなんだか間が抜けててユーモラス。ホラーながら楽しめた。ところで「ぬら孫」の山ン本さんの元ネタはこれなのね。 …続きを読む
    イトノコ
    2019年11月24日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品