稲生物怪録

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784044004972

稲生物怪録

  • 編者 東 雅夫
  • 訳者 京極 夏彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784044004972

史上最大・最高の妖怪譚。必読の基本文献を、親しみやすい現代語訳で収録。

江戸時代中期、広島・三次藩の武士・稲生平太郎の屋敷に、一ヶ月にわたって連日、怪異現象が頻発。その目撃談をもとに描かれた「稲生物怪録絵巻」(堀田家本、全巻カラー)、平太郎本人が書き残したと伝わる『三次実録物語』(京極夏彦訳)、柏正甫『稲生物怪録』(東雅夫訳・註)が一冊に。多彩な妖怪変化、想像を絶する奇抜な生態、冷静沈着に観察する平太郎の武勇……日本各地に伝わる妖怪物語の最高峰が、待望ひさしいコンパクトな文庫版で初登場!

もくじ

稲生物怪録絵巻(堀田家本)

武太夫槌を得る――三次実録物語 京極夏彦訳

稲生物怪録 柏正甫著、東雅夫訳・註

解説 東雅夫 

An Account of the Ino Hauntings : A Brief Introduction Peter Bernard 


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「稲生物怪録」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 面白い。カラーページが多くとても楽しかった。妖怪達はあまりにも独創的にあの手この手で怖がらせようとしているが、基本的には怪我を負わせたり命を狙わないので何か罪がない。それを豪胆な主人公に見抜かれ、毎晩 面白い。カラーページが多くとても楽しかった。妖怪達はあまりにも独創的にあの手この手で怖がらせようとしているが、基本的には怪我を負わせたり命を狙わないので何か罪がない。それを豪胆な主人公に見抜かれ、毎晩結局その夜は寝てしまった、という落ちになっているのが笑える。怪異も突飛すぎて次にどんな手で来るのかわくわくする。個人的には頭だけの逆さ女に全身なめられるのと、坊主頭から血まみれの赤ん坊がたくさん這い出してくるのが気持ちワルくて気に入りました。 …続きを読む
    meow3
    2019年08月09日
    17人がナイス!しています
  • 一ヶ月の間に多数の怪異に見舞われながらも気丈な態度で見事乗り越えた男、稲生平太郎の記録を読みやすい現代語で翻訳。堀田家本の絵巻・平太郎自身の記録・柏正甫の聞き取りによる記録の3つで構成されており、話の 一ヶ月の間に多数の怪異に見舞われながらも気丈な態度で見事乗り越えた男、稲生平太郎の記録を読みやすい現代語で翻訳。堀田家本の絵巻・平太郎自身の記録・柏正甫の聞き取りによる記録の3つで構成されており、話の顛末を知っていても新たな発見があり面白く読めた。とりあえず怪異は寝てスルーする平太郎の意思は改めて凄い。 …続きを読む
    タリホー
    2019年08月12日
    9人がナイス!しています
  • 「稲生物怪録」入門編ということで。物怪が起こす怪異は大小様々なんだけど、わりとえぐいもの(知人が目の前で切腹してしまい、自分も責任を取って自害しなければという衝動に駆られるとか)からくすっと笑えるもの 「稲生物怪録」入門編ということで。物怪が起こす怪異は大小様々なんだけど、わりとえぐいもの(知人が目の前で切腹してしまい、自分も責任を取って自害しなければという衝動に駆られるとか)からくすっと笑えるもの(ホウキが勝手に掃き掃除をしているとか)まであり、面白いやら怖いやら。しかしたいがいのことは寝てスルーする平太郎(笑)。 …続きを読む
    うさぎや
    2019年08月10日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品