ありがとう、さようなら

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年04月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
144
ISBN:
9784041026397

ありがとう、さようなら

  • 作 瀬尾 まいこ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年04月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
144
ISBN:
9784041026397

本屋大賞ノミネート作家の、デビュー直後~3年半を綴るほのぼのエッセイ

作家・瀬尾まいこのもう一つの顔。それは中学校の「せんせい」でした。

本屋大賞ノミネート作家、瀬尾まいこのデビュー直後から3年半の日常をつづるほのぼのエッセイ。
給食で苦手な料理と格闘したり、生徒たちからの厳しいおしゃれチェックをなんとか切り抜けたと思えば、生徒会のやる気に感化されたり、合唱コンクールで胸がいっぱいになったり……。
奮闘する瀬尾せんせいと生徒たちのあたたかくてにぎやかな日常の合間に見える、それぞれの成長。「ありがとう」と「さようなら」がめまぐるしく襲ってくる学校という場所で過ごす日々は、瀬尾さんの作品世界すべてにつながる愛にあふれていた。
解説/北村浩子


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ありがとう、さようなら」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • かなり、面白かったです。 かなり、面白かったです。
    初雪ハロー
    2019年05月09日
    152人がナイス!しています
  • 瀬尾まいこさんのエッセイ集。すぐに読めてしまうこの本を読んで、瀬尾さんがかつて中学校で先生だったことを初めて知った。デビューからしばらくは教師と二足のわらじを履いていて、そのころの教師をしながらの話を 瀬尾まいこさんのエッセイ集。すぐに読めてしまうこの本を読んで、瀬尾さんがかつて中学校で先生だったことを初めて知った。デビューからしばらくは教師と二足のわらじを履いていて、そのころの教師をしながらの話を書き溜めたもので、本も薄いし文章も短いが、その時代の気持ちが本音として、正直に表されていたことが面白く、好感を持った。鯖が大嫌いで、ほかにも苦手なものが多く給食の時に苦労した話。担任としてやりたくなかった仕事等。本書を読んで、過去に小説で読んできた内容が大きく反映されている事がよく分かった。 …続きを読む
    のぶ
    2019年07月04日
    96人がナイス!しています
  • 筆者が先生をしていた時のエッセイ。文章が柔らかくて読みやすい。いろいろな学校のイベントで一所懸命だったり、クラスで団結しようとする2組の生徒が皆素晴らしすぎて、こんな学生が沢山いたらいいのにと思いまし 筆者が先生をしていた時のエッセイ。文章が柔らかくて読みやすい。いろいろな学校のイベントで一所懸命だったり、クラスで団結しようとする2組の生徒が皆素晴らしすぎて、こんな学生が沢山いたらいいのにと思いました。 …続きを読む
    2019年05月03日
    83人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品