角川文庫

温室デイズ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784043942015
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

温室デイズ

  • 著者 瀬尾 まいこ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784043942015

たたかう中学生ここにあり! いまを映し出す傑作青春小説。

宮前中学は荒れていた。不良たちが我が物顔で廊下を闊歩し、学校の窓も一通り割られてしまっている。教師への暴力は日常茶飯事だ。三年生のみちると優子は、それぞれのやり方で学校を元に戻そうとするが……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「温室デイズ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 標題から暖かな学園生活か、甘ったれた学園生活の物語かと思った。温室の中はむちゃくちゃ。なんでもあり状態。それでも何か、生きていることについて述べたいのだろう。瀬尾まいこにしては傷が深く読み進むのが辛か 標題から暖かな学園生活か、甘ったれた学園生活の物語かと思った。温室の中はむちゃくちゃ。なんでもあり状態。それでも何か、生きていることについて述べたいのだろう。瀬尾まいこにしては傷が深く読み進むのが辛かった。過ぎ去ればそれまで。最後に温室の説明を持ってきたところが上手い。温室というよりは、穴の空いた温室というのだろうか。野生時代2004年8月から12月掲載。 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2013年10月29日
    198人がナイス!しています
  • 『瀬尾まいこ様、あなたはまさに現代の学校で課題になっている「いじめ」の現状を鋭い視点で描き、学校生活を子どもたちが育っていくための温室だと伝えた』(○_○)!!『温室の温度を上げ、光となり、子どもたち 『瀬尾まいこ様、あなたはまさに現代の学校で課題になっている「いじめ」の現状を鋭い視点で描き、学校生活を子どもたちが育っていくための温室だと伝えた』(○_○)!!『温室の温度を上げ、光となり、子どもたちの成長を支える親、教師の存在』⇒『家庭での基本的な教育・学校でのルール作り』⇒『どれも子どもたちが現実社会で生きていく上で身につけていかなければ生きていけない絶対条件❗️』⇒『しかし、大人たちが子どもを放任化し、忙しさから対話をせず、それぞれの行った行動を「自己責任」だと押し付けて罰する事が⇒2ページ目へ …続きを読む
    テンちゃん
    2019年07月14日
    187人がナイス!しています
  • タイトルからは想像もつかない内容でした、あぁー、正直きつかったぁ! 「みちる」もういいよ、もう頑張らなくっていいよ!、って何度呟いたことか・・・ それにしても自分を傷つけることでしか心を落ち着かせるこ タイトルからは想像もつかない内容でした、あぁー、正直きつかったぁ! 「みちる」もういいよ、もう頑張らなくっていいよ!、って何度呟いたことか・・・ それにしても自分を傷つけることでしか心を落ち着かせることが出来ない中学生がいるなんてショックでした (>_<)  お勧めできないけど、気が向けばチャレンジして感想を聞かせて下さい <(^_^; …続きを読む
    射手座の天使あきちゃん
    2011年11月21日
    133人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品