天命の巫女は紫雲に輝く 彩蓮景国記

第4回角川文庫キャラクター小説大賞・優秀賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041079515

第4回角川文庫キャラクター小説大賞・優秀賞

天命の巫女は紫雲に輝く 彩蓮景国記

  • 著者 朝田小夏
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041079515

おてんば巫女の大本命中華ファンタジー!

新米巫女の貞彩蓮(ていさいれん)は、
景国の祭祀を司る貞家の一人娘なのに
霊力は未熟で、宮廷の華やかな儀式には参加させてもらえず、
言いつけられるのは街で起きた霊的な事件の調査ばかり。
その日も護衛の皇甫珪(こうほけい)と宦官殺人事件を調べていると、
美貌の第三公子・騎遼と出会う。
なぜか騎遼に気に入られた彩蓮は、
宮廷の後継者争いに巻き込まれていき……!? 

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「天命の巫女は紫雲に輝く 彩蓮景国記」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 中華ファンタジー数あれど、なんとなくこれを選んでみた。巫女×王宮×ラブと帯にあるので、そこから予想した内容とはちょっと違った中身。王宮は出てくるものの、お話のメインの舞台じゃないし。ヒロインの貞彩蓮が 中華ファンタジー数あれど、なんとなくこれを選んでみた。巫女×王宮×ラブと帯にあるので、そこから予想した内容とはちょっと違った中身。王宮は出てくるものの、お話のメインの舞台じゃないし。ヒロインの貞彩蓮が街で起きた霊的な事件を巫女として追うお話。霊力は未熟なので頼りないが、そこは武官の皇甫珪がフォロー。軽く活劇的な面白さがある。ラブの方はいかにもなイケメンが出てくるけど、別のキャラと進行。キャラ文芸らしく、ラノベ感覚で軽く読めた。各章ごとに一旦、話が終わるので連作長編といった感じ。そのへんの仕様も読みやすい。 …続きを読む
    海猫
    2020年07月22日
    85人がナイス!しています
  • 何か楽しさを予感させるタイトル、大好物の中華風ファンタジー、角川文庫キャラクター小説大賞優秀賞受賞作との金ピカの帯に惹かれて!ファンタジーあり、ラブあり、展開などはライトノベルっぽさがありつつも、しっ 何か楽しさを予感させるタイトル、大好物の中華風ファンタジー、角川文庫キャラクター小説大賞優秀賞受賞作との金ピカの帯に惹かれて!ファンタジーあり、ラブあり、展開などはライトノベルっぽさがありつつも、しっかりした世界観と文体にフランクさ、カジュアルさがなく良い読み心地でした。うん、好き!そっちかー、というのは少し意外で、もっとあっち側にがんばって欲しかった感はある。笑 大事な場面が1行で終わって、もっと5行くらいかけてくれたら余韻を楽しめるのにーと思う箇所がいくつかありつつも、好きです!続編が出たら読みたい。 …続きを読む
    あっか
    2019年06月05日
    61人がナイス!しています
  • 母本。角川文庫キャラクター大賞優秀賞受賞作。話の展開が早いと感じたのは、まとめなきゃいけない必要があったからなんだろう。恋の相手は銀髪のイケメン公子かと思いきや、三十路の髭面大男というのは意外で面白い 母本。角川文庫キャラクター大賞優秀賞受賞作。話の展開が早いと感じたのは、まとめなきゃいけない必要があったからなんだろう。恋の相手は銀髪のイケメン公子かと思いきや、三十路の髭面大男というのは意外で面白い。公子の腹黒さもいい感じ。ただ、巫女としての立ち位置がよくわからなかった。自己否定気味だけど落ちこぼれなわけではなさそうだし、本当はすごい力を持ってるけど、娘可愛さに下っ端の仕事しか与えないっていう感じでもないし。キャラクターは好きなので、続きも読んでみようかな。 …続きを読む
    るぴん
    2019年09月08日
    34人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品