天命の巫女は翠花に捧ぐ 彩蓮景国記

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年04月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041092774

天命の巫女は翠花に捧ぐ 彩蓮景国記

  • 著者 朝田小夏
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年04月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041092774

彩蓮がお妃候補に!? 大本命中華ファンタジー

騎遼が王位に即位した年。新米巫女の貞彩蓮(ていさいれい)は官位のある一人前の巫覡を目指すべく、王宮で働く日々を送っていた。ある日、婚約者の皇甫珪の弟・皇子甫哲が、自分は武官になるといって、都に出てくる。無鉄砲で世間知らずの皇甫哲を、皇甫珪の友人に預かってもらうことに。しかし、武官たちは、皇甫哲を連れて妓楼へと繰り出したところで突然暴れだし、捕らえられてしまう。一方、彩蓮は騎遼から、武官が人を大量に殺したとのことで、事件の真相を明かすよう、依頼される。皇甫哲との釈放を引き換えに、しぶしぶ依頼を引き受けた彩蓮だったが、どうやら、妖しの仕業らしく……。大本命中華ファンタジー第3弾。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「天命の巫女は翠花に捧ぐ 彩蓮景国記」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 新刊、シリーズ第3弾。皇甫圭の弟・哲登場&警察による集団殺人編、1人の妃嬪候補殺人が宮城全体を巻き込む大捕物の前後編構成。今回も彩蓮は巻き込まれに巻き込まれます。皇甫圭も騎遼もいつも側にいるけれど、血 新刊、シリーズ第3弾。皇甫圭の弟・哲登場&警察による集団殺人編、1人の妃嬪候補殺人が宮城全体を巻き込む大捕物の前後編構成。今回も彩蓮は巻き込まれに巻き込まれます。皇甫圭も騎遼もいつも側にいるけれど、血腥くて甘さはゼロ。笑 立場的な意味でも、彩蓮と皇甫圭が順当に成長しているのは嬉しい。騎遼の頼もしい味方になって欲しい!哲の処遇は?笑 てにをは使いが変では?というのがちょこちょこ気になった。1行目から早速「都の大路を1人の少女が人々の視線を独り占めしていた」って、「都の大路で」じゃないかな…とか…他にも多々。 …続きを読む
    あっか
    2020年05月03日
    70人がナイス!しています
  • 大勢の民が都衞府の兵士に殺された事件を調べてもらうため、再び彩蓮とその婚約者・皇甫珪の前に現れた景国の新王・騎遼。現場である妓楼を調べていると、料理人の絞殺体が発見される第三弾。読んでいると騎遼の周囲 大勢の民が都衞府の兵士に殺された事件を調べてもらうため、再び彩蓮とその婚約者・皇甫珪の前に現れた景国の新王・騎遼。現場である妓楼を調べていると、料理人の絞殺体が発見される第三弾。読んでいると騎遼の周囲に信頼できる味方が全然いなさそうな感がすごくて、これよく政権運営できるなと心配になりますが、元気な新キャラ・皇甫珪の弟・哲も加えて、改めて騎遼と並び立つことには一線を引きつつ、臣下として皇甫珪と一緒に着実に実績を積み重ねて騎遼を支えようとする彩蓮の姿勢が明確になって、ここから物語がどう動くのか続巻に期待です。 …続きを読む
    よっち
    2020年05月17日
    23人がナイス!しています
  • シリーズ三作目。巫女の彩蓮がある事件を解決していく。すると国王騎遼を巡る更に大きな陰謀が巻き起こる。 スピーディな展開ドキドキなアクションと読む手が止まらなかった。 少し強引なところもあるが勢いがある シリーズ三作目。巫女の彩蓮がある事件を解決していく。すると国王騎遼を巡る更に大きな陰謀が巻き起こる。 スピーディな展開ドキドキなアクションと読む手が止まらなかった。 少し強引なところもあるが勢いがあるので気にはならない。 サッパリした読後感がいい。 …続きを読む
    Dora__dora_mama
    2020年05月07日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品