天命の巫女は白雨に煙る 彩蓮景国記

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041087404

天命の巫女は白雨に煙る 彩蓮景国記

  • 著者 朝田小夏
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041087404

先王の遺体が消えた!? 王宮×ラブ、大本命の中華ファンタジー

景国の祭祀を司る貞家の一人娘・貞彩蓮は、15年に1度行われる結界の張替えに駆り出されていた。日差しが照り付ける中、禁軍に勤める婚約者の皇甫珪と共に、仕事に精を出していると、公子・騎遼に声をかけられる。先王の墓が荒らされ、祀られていた遺体が行方不明になったので、捜してほしいというのだ。犯人を見つけるべく、貞家の名誉にかけて、調査に乗り出す彩蓮だったが、そこには現王に繋がる秘密が隠されていて――。大本命の中華ファンタジー第2弾!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「天命の巫女は白雨に煙る 彩蓮景国記」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 新刊、シリーズ第2巻。えー何これデビュー作の1巻より断然面白いと思う!騎遼vs皇甫珪のコミカルさが増していて思わず笑ってしまうシーンも。騎遼にドキドキさせられるけど、皇甫珪も今回見せ場がたくさんあって 新刊、シリーズ第2巻。えー何これデビュー作の1巻より断然面白いと思う!騎遼vs皇甫珪のコミカルさが増していて思わず笑ってしまうシーンも。騎遼にドキドキさせられるけど、皇甫珪も今回見せ場がたくさんあって良かった。(その分、不憫過ぎるでしょ…ということも多々…笑)ちょっと唐突?に感じて頭の切り替えができなかった部分も多少ありましたが…^^;彩蓮、幸せになれるのか…今後の巫覡としての成長も楽しみ。続刊出るのかなあ?楽しみに待ちたいと思います。 …続きを読む
    あっか
    2019年11月02日
    69人がナイス!しています
  • 禁軍に勤める婚約者の皇甫珪と共に15年に1度行われる結界の張替えに駆り出されていた貞彩蓮。陵に祀られていた遺体が行方不明になったことからその捜索を公子・騎遼より依頼される第二弾。今回は彩蓮が陥れられた 禁軍に勤める婚約者の皇甫珪と共に15年に1度行われる結界の張替えに駆り出されていた貞彩蓮。陵に祀られていた遺体が行方不明になったことからその捜索を公子・騎遼より依頼される第二弾。今回は彩蓮が陥れられた騎遼の窮地を救うために動いたり、前王と現王の因縁に繋がる陰謀に巻き込まれてゆく展開で、登場人物の構図がはっきりしたからなのか前巻よりだいぶ読みやすくなりましたかね。なかなか素直になれない彩蓮と、彼女と釣り合う男になれるよう頑張る皇甫珪の恋はなかなか前途多難で、二人で頑張って乗り越えてほしいですね。続巻も期待。 …続きを読む
    よっち
    2019年12月02日
    38人がナイス!しています
  • 中華ファンタジー2作目。前作よりも読みやすく、面白かった。彩蓮の伯母上が切ないなぁ。最後には話が大きく動き、立場が変わってしまった騎遼。彩蓮は皇甫珪と結婚できるのか?皇甫珪は不憫な事も多かったけれど、 中華ファンタジー2作目。前作よりも読みやすく、面白かった。彩蓮の伯母上が切ないなぁ。最後には話が大きく動き、立場が変わってしまった騎遼。彩蓮は皇甫珪と結婚できるのか?皇甫珪は不憫な事も多かったけれど、ちょっと色々と短絡的過ぎないか?と突っ込みたくなる事もしばしば(-。-;帯にはLaruhaさんによる主要3人のイイラストが載っていたけれど、皇甫珪だけはどうも私のイメージと違うなぁ。確かに髭面のおっさんだけど、もっとマッチョな武人っぽい感じをイメージしてた。どちらかと言えば顎髭の方が好み。 …続きを読む
    るぴん
    2019年11月15日
    35人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品