角川ホラー文庫

響野怪談

『記憶屋』著者の新たなノスタルジック・ホラー!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041077764
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川ホラー文庫

響野怪談

『記憶屋』著者の新たなノスタルジック・ホラー!

  • 著者 織守きょうや
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041077764

『記憶屋』著者の新たなノスタルジック・ホラー!

響野家の末っ子・春希は怖がりなのに霊感が強く、ヒトではないものたちを呼び寄せてしまう。
留守番中を狙ったようにかかってくる電話。
何度捨てても家の前に現れるスニーカー。
山小屋で出会った少女が寝言を聞かれるのを嫌がる理由……。
些細だった怪異は徐々にエスカレートし、春希だけでなく、彼を守ろうとする父や兄たちをもおびやかしていく。

『記憶屋』著者が日常と異界の狭間へと誘う、ノスタルジック・ホラー!

もくじ

電話
目が覚めると 1
目が覚めると 2
目が覚めると 3
図書室、あるいは話してはいけない話

おばあちゃん
ないもの
引っ越し 
ひなあられ
残業
猫屋敷
おばあちゃん・続
秋也兄さんはときどき消える
寝言に返事をしてはいけない
足、あるいはシャワー室の怪
蓮の池
ついている
廃墟探索
再会
訪問者
お礼
布団
シロ
シロ2
番犬
首がない
エレベーター
後ろ姿
紫煙
指定席
父子の会話
再訪

※「目が覚めると」数字はローマ数字

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「響野怪談」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 響野家の末っ子で怖がりなのに霊感が強く、ヒトではないものたちを呼び寄せてしまう春希。些細だった怪異は徐々にエスカレートし、彼を守ろうとする父や兄たちをも脅かしてゆくノスタルジックホラー。春希がふっと一 響野家の末っ子で怖がりなのに霊感が強く、ヒトではないものたちを呼び寄せてしまう春希。些細だった怪異は徐々にエスカレートし、彼を守ろうとする父や兄たちをも脅かしてゆくノスタルジックホラー。春希がふっと一人になるたびに、彼の元に忍び寄り脅かそうとするヒトではないものたちと、それに気づいて春希を守ろうとしてきた父や兄たち。小さいエピソードの積み重ねによって春希が日常的に晒されている不穏な状況と、彼を守ってきた存在が浮き彫りになっていって、それがいい感じにまとまったかに思えた先の結末を印象的なものにしていました。 …続きを読む
    よっち
    2019年03月22日
    30人がナイス!しています
  • 怖くない。10ページに満たない短編をいくつも詰め込む怪談集という形式は小野不由美先生の『鬼談百景』を習ったのかどうかは不明だけれど、全然怖くないです。私の読み方が悪いのかなあ。主人公の響野春希は霊感が 怖くない。10ページに満たない短編をいくつも詰め込む怪談集という形式は小野不由美先生の『鬼談百景』を習ったのかどうかは不明だけれど、全然怖くないです。私の読み方が悪いのかなあ。主人公の響野春希は霊感が強く、変なものを惹きつけやすい。少し鈍感でお節介で、怖がりなくせに変なものに自分から近づいたりする。守ってもらえると思っているからだろうな、と私はうっすら反感を覚えた。織守氏が描くキャラクターのひとつのタイプなのかも。もうちょっと怖がらせてほしかった。 …続きを読む
    タカギ
    2019年04月05日
    25人がナイス!しています
  • 響野家の末っ子・春希の近くで起こるホラーSS集。目撃談が全部後ろ姿の話はちょっと怖かった。あり得ないことじゃないけど、それってそうよね…。話そのものより春希と冬理やシロとのやり取りやキャラがよかった。 響野家の末っ子・春希の近くで起こるホラーSS集。目撃談が全部後ろ姿の話はちょっと怖かった。あり得ないことじゃないけど、それってそうよね…。話そのものより春希と冬理やシロとのやり取りやキャラがよかった。 …続きを読む
    coco夏ko10角
    2019年04月07日
    24人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品