スウィングしなけりゃ意味がない

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041076705

スウィングしなけりゃ意味がない

  • 著者 佐藤 亜紀
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041076705

ジャズが彼らのすべてだった――戦時下のドイツを舞台に描く音楽青春小説!

1939年ナチス政権下のドイツ、ハンブルク。15歳のエディが熱狂しているのは頽廃音楽と呼ばれる”スウィング”だ。だが音楽と恋に彩られた彼らの青春にも、徐々に戦争が色濃く影を落としはじめる――。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「スウィングしなけりゃ意味がない」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 巻末に付された「跛行の帝国」を読むまでは、全きフィクションだと思っていた。第2次大戦中のハンブルクに、実際に(もちろん、小説としての仮構はあるだろうが)このようなスィング・ボーイズが存在したのは大いな 巻末に付された「跛行の帝国」を読むまでは、全きフィクションだと思っていた。第2次大戦中のハンブルクに、実際に(もちろん、小説としての仮構はあるだろうが)このようなスィング・ボーイズが存在したのは大いなる驚きである。まさにナチスがドイツを支配していたあの時代にである。ハンブルクがそれほどまでに開明的な街であり得たことは不思議でさえある。当時の日本においては、みんなが喜んでそうしたとは思わないが、それでも大多数の若者たちが予科練に、あるいは学徒として出陣していった。社会もまた、それを肯定していたのである。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2021年12月08日
    394人がナイス!しています
  • ナチ政権下のハンブルグ、親の金と地位(ナチの偉いさん等 )を最大限活用。イケてないユーゲントなんぞどこ吹く風、ノンポリでお気楽で、敵性音楽のジャズを流して連夜の乱痴気騒ぎ。彼らスウィングボーイたちは、 ナチ政権下のハンブルグ、親の金と地位(ナチの偉いさん等 )を最大限活用。イケてないユーゲントなんぞどこ吹く風、ノンポリでお気楽で、敵性音楽のジャズを流して連夜の乱痴気騒ぎ。彼らスウィングボーイたちは、結構一般人の顰蹙かってたんじゃなかろうか。激しくなる戦いは彼らの運命も変えていく。徴兵、ユダヤ人一家の悲惨な末路、逃亡、空襲による凄惨で夥しい死。でも彼らは立ちどまらない。めげない。忖度しない。したたかにたくましく、スウィングするように時代を駆け抜ける。彼らのような連中がきっと新しい風を起こす。かっこいい! …続きを読む
    rico
    2020年01月10日
    85人がナイス!しています
  • なぜ違う国、違う時代に存在した物語を匂うように書けるのかというと、著者が小説家だからとしか言いようがない。こういった反戦の手段もそういえばあったのだ。ヘビィで読んでいてつらくなるけれど、人間は変わらず なぜ違う国、違う時代に存在した物語を匂うように書けるのかというと、著者が小説家だからとしか言いようがない。こういった反戦の手段もそういえばあったのだ。ヘビィで読んでいてつらくなるけれど、人間は変わらず、救いになるものもあまり変わらないのだと思った。こんな世界を再来させてはいけない。 …続きを読む
    佐島楓
    2019年06月30日
    62人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品