ウィークエンド・シャッフル 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年06月25日
商品形態:
電子書籍

ウィークエンド・シャッフル

  • 著者 筒井 康隆
発売日:
2019年06月25日
商品形態:
電子書籍

爆弾、誘拐、戦闘。日常と隣り合わせの危機を、高らかに笑い飛ばす名短編集

硫黄島の回顧談が白熱した銀座のクラブは戦場と化し(「『蝶』の硫黄島」)。子供が誘拐され、主人が行方不明になった家に入った泥棒が、主人の役を演じ始め(「ウィークエンド・シャッフル」)。全13編。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ウィークエンド・シャッフル」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 紀伊國屋限定復刊ということで迷わず購入。いやあ、面白かった。30年以上も前に書かれた物語たちは色褪せることなく現代を痛烈に皮肉ってくる。表題作が特に凄まじい。ある日暢子の元に一本の電話がかかってくる。 紀伊國屋限定復刊ということで迷わず購入。いやあ、面白かった。30年以上も前に書かれた物語たちは色褪せることなく現代を痛烈に皮肉ってくる。表題作が特に凄まじい。ある日暢子の元に一本の電話がかかってくる。ひとり息子の茂が誘拐された。そこからどんどん読者が想像し得ない方向へと話が転がっていく。行方不明の夫、夫の振りをする泥棒、暢子の学生時代の友人たち、夫の上司、警察。次々に訪ねてくる自分本位な登場人物たち。振り回された挙句にたどり着くラストが問いかけてくる。「お前もこうなんじゃないか?」と。 …続きを読む
    ふじこ
    2019年03月01日
    8人がナイス!しています
  • 「佇む人」が面白かった。「さなぎ」も面白かった。が、面白くないのもあった。性描写の多い作品は、どうも肌に合わない。「弁天さま」とか。「ウィークエンド・シャッフル」の面白さもわからない。エロを抑えた官能 「佇む人」が面白かった。「さなぎ」も面白かった。が、面白くないのもあった。性描写の多い作品は、どうも肌に合わない。「弁天さま」とか。「ウィークエンド・シャッフル」の面白さもわからない。エロを抑えた官能小説を読まされているようで、つまらないし「文学だ」と言われても納得しかねる。別の本だけど「魚籃観音記」も面白いとは思えないんだよなあ。 …続きを読む
    亜済公
    2019年02月23日
    5人がナイス!しています
  • 短編集。筒井康隆らしい挑発的な作品が並ぶ中、少し文学的な\犬の町\が気になった。一体何を読んだのか、まだまだ理解は及ばない。文学的というよりはハードボイルドの雰囲気があったかも。\カウンターの向こうに 短編集。筒井康隆らしい挑発的な作品が並ぶ中、少し文学的な\犬の町\が気になった。一体何を読んだのか、まだまだ理解は及ばない。文学的というよりはハードボイルドの雰囲気があったかも。\カウンターの向こうに女がふたりいた。ニキビのある眼鏡をかけた女と、ニキビも眼鏡もない女だった\ …続きを読む
    パンチ
    2020年10月11日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品