角川文庫

アフリカの爆弾

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年09月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041073957
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

アフリカの爆弾

  • 著者 筒井 康隆
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年09月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041073957

争いが争いを呼ぶ狂騒の世界を、黒い笑いで包み込んだ傑作短篇集。

妻の様子がおかしい。息子もスパイ組織に入れられてしまった。それぞれが違う組織のスパイとわかった家族の末路は(「台所にいたスパイ」)。とあるアフリカの新興国。5ギガトンの核弾頭を買うことになってしまった日本人サラリーマンは……(「アフリカの爆弾」)。ほか、「脱出」「露出性文明」「メンズ・マガジン一九七七」「月へ飛ぶ思い」「活性アポロイド」「東京諜報地図」「ヒストレスヴィラからの脱出」「環状線」「窓の外の戦争」「寒い星から帰ってこないスパイ」の12編を収録。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「アフリカの爆弾」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 再読。電子書籍。今になって何故この作品が電子書籍化されたの?筒井康隆作品だから、電子書籍だろうが文庫だろうが、簡単に手に入る世の中は正しいんだけど、ちょっと不思議な感じがした。まさか「台所にいたスパイ 再読。電子書籍。今になって何故この作品が電子書籍化されたの?筒井康隆作品だから、電子書籍だろうが文庫だろうが、簡単に手に入る世の中は正しいんだけど、ちょっと不思議な感じがした。まさか「台所にいたスパイ」 を読みたいという要望が多かった~?私が生まれた年に初版だから、相当古い作品なんだけど、古典文学としてではなく、今読んでも普通に楽しめるのがスゴい。まあ、スパイ物自体、かなり時代を感じさせるジャンルだが(苦笑)。意外と筒井康隆入門書的な立ち位置の作品なのかもしれない。だから電子書籍化されたのかも。 …続きを読む
    ら゛
    2019年04月23日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品