農協月へ行く

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041061343

農協月へ行く

  • 著者 筒井 康隆
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041061343

諷刺と笑いが炸裂する、短篇小説の金字塔!

ご一行様の旅行代金は一人頭六千万円、月を目指して宇宙船ではどんちゃん騒ぎ、着いた月では異星人とコンタクトしてしまい、国際問題に……!? シニカルな笑いが炸裂する標題作ほか短篇七篇を収録。

もくじ

農協月へ行く、日本以外全部沈没、経理課長の放送、信仰性遅感性、自殺悲願、ホルモン、村井長庵


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「農協月へ行く」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「人類はみな平等。愛。性善説(中略)こういうものはみんな嘘であり〜」この理屈自体は理解できるしブラックユーモアも嫌いではないのだが、なんだろう、単に胸糞の悪くなる話を下ネタと混ぜたようなものはあえて読 「人類はみな平等。愛。性善説(中略)こういうものはみんな嘘であり〜」この理屈自体は理解できるしブラックユーモアも嫌いではないのだが、なんだろう、単に胸糞の悪くなる話を下ネタと混ぜたようなものはあえて読みたいと思うほど好きではないみたいだ。表題作や「信仰性遅感症」は有り体に言って嫌いだった。綺麗事をぶっ壊そうとする姿勢そのものにはいくらか共感を呼ぶものもあるのだが、あまりに対極的すぎると綺麗事と同じくらいわざとらしい代物になるよなあ、と思ってしまう。「経理課長の放送」と「自殺悲願」はわりと好きな作品。 …続きを読む
    催涙雨
    2019年06月06日
    59人がナイス!しています
  • パロディ短編集。どれもドタバタ劇ながら、場面が全く違うので、色んな味わいを楽しめる。久しぶりの筒井作品だったが、他のも読みたい。 パロディ短編集。どれもドタバタ劇ながら、場面が全く違うので、色んな味わいを楽しめる。久しぶりの筒井作品だったが、他のも読みたい。
    おいしゃん
    2018年05月21日
    46人がナイス!しています
  • うーん、久々の昭和のパワーに圧倒された(^^;; この頃の世界から見た日本のイメージは今とは全然違うんだなあ。 野暮ったくて図々しくてたくましい。醒めた現代人にあの農協パワーを!! でも昭和特有の独特 うーん、久々の昭和のパワーに圧倒された(^^;; この頃の世界から見た日本のイメージは今とは全然違うんだなあ。 野暮ったくて図々しくてたくましい。醒めた現代人にあの農協パワーを!! でも昭和特有の独特のドタバタ感についていけず、久々の途中挫折(^^; …続きを読む
    NADIA
    2018年10月12日
    32人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品