メディアワークス文庫

成巌寺せんねん食堂 おいしい料理と食えないお坊さん

食堂×坊主×恋愛=?

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784049121124
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

メディアワークス文庫

成巌寺せんねん食堂 おいしい料理と食えないお坊さん

食堂×坊主×恋愛=?

  • 著者 十三 湊
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784049121124

食堂×坊主×恋愛=?

 長年勤めた小さな会社を退職した千束。部屋の掃除をすませ、鼻歌を歌いながら料理でも作ろうと考えていたとき、スマホが鳴った。
 実家の父から、祖父が倒れたと聞き、慌てて北陸の実家に戻る。そこは名刹・成巌寺の仲見世で、三百年以上続く精進料理屋「せんねん食堂」。
 寺と食堂を巡る騒動に巻き込まれた千束は、イケメン僧侶となった幼馴染み、清道&隆道兄弟と再会する――。
 人気シリーズ『ちどり亭にようこそ』の十三湊による愉快痛快な新作、登場!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「成巌寺せんねん食堂 おいしい料理と食えないお坊さん」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『ちどり亭シリーズ』の後の作品で期待をもって読みました。後味の良い作品でした。主人公の千束と幼馴染みのお寺の次男坊の隆道の関係が不器用だけど心地良い。精進料理の知識や仏教の知識などに加えて仲見世の人情 『ちどり亭シリーズ』の後の作品で期待をもって読みました。後味の良い作品でした。主人公の千束と幼馴染みのお寺の次男坊の隆道の関係が不器用だけど心地良い。精進料理の知識や仏教の知識などに加えて仲見世の人情話まで作者の深さを感じた。それにこの作者のかく言葉は軟らかくて温かいし楽しい。 作中のみんなに幸あれと願ってしまいました。 …続きを読む
    カメ吉
    2019年02月20日
    39人がナイス!しています
  • 長年勤めた小さな会社を退職した千束。実家からの電話で慌てて北陸の実家に戻った彼女が、名刹・成巌寺と実家の三百年以上続く精進料理屋「せんねん食堂」を巡る騒動に巻き込まれ、イケメン僧侶の幼馴染・清道&隆道 長年勤めた小さな会社を退職した千束。実家からの電話で慌てて北陸の実家に戻った彼女が、名刹・成巌寺と実家の三百年以上続く精進料理屋「せんねん食堂」を巡る騒動に巻き込まれ、イケメン僧侶の幼馴染・清道&隆道兄弟と再会する物語。妥当な提案をろくに話すら聞かずにこじらせてゆく展開は田舎あるある話ですが、実家に居場所がなくなったと感じていた千束と、地域を盛り上げるために手を尽くす深謀遠慮な幼馴染・隆道もまたいろいろ複雑にこじらせていて、地域再興を二人で盛り上げていけるのか、二人の関係もどうなるのか続刊に期待ですね。 …続きを読む
    よっち
    2018年12月13日
    36人がナイス!しています
  • 千束が感じる田舎暮らしの息苦しさ、弟は親と暮らしているのに、自分は都会で勝手にくらしていることに対するひけめ、よ〜〜くわかります。 物語がはじまりました!と告げる巻ですね。今後の展開に期待です。 千束が感じる田舎暮らしの息苦しさ、弟は親と暮らしているのに、自分は都会で勝手にくらしていることに対するひけめ、よ〜〜くわかります。 物語がはじまりました!と告げる巻ですね。今後の展開に期待です。
    たんぽぽ
    2018年12月18日
    23人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品