かくしごと承ります。 ~筆耕士・相原文緒と六つの秘密~

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784049125771

かくしごと承ります。 ~筆耕士・相原文緒と六つの秘密~

  • 著者 十三 湊
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784049125771

文字には“想い”と“謎”が込められている

 筆耕士、相原文緒。彼女の仕事は、卒業証書や招待状の宛名などを、毛筆で書くこと。
 内気で真面目な文緒は、憧れの先生・都築尚之から請け負った数々の仕事を丁寧にこなしていく中で、文字にまつわる不思議な謎に、しばしば遭遇するのだった……。
 文字。そこには、使う人の“想い”はもちろん、長い歴史に培われた知られざる“秘密”も潜んでいる――。
 文豪たちに愛された静岡県三島を舞台に繰り広げられる、インテリジェンスあふれたミステリーを、ご堪能あれ。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「かくしごと承ります。 ~筆耕士・相原文緒と六つの秘密~」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 筆耕士という文字を扱う仕事であり、なおかつ文字に込められた人の思いを読み取る能力がある女性・文緒が主人公。題材が繊細なだけでなく、内容もセンシティブで、ハラハラドキドキさせられる。文字の秘密を読み解き 筆耕士という文字を扱う仕事であり、なおかつ文字に込められた人の思いを読み取る能力がある女性・文緒が主人公。題材が繊細なだけでなく、内容もセンシティブで、ハラハラドキドキさせられる。文字の秘密を読み解きながらも、実は一番の秘密を抱えているのは文緒自身。その秘密がひどくヒリヒリズキズキするものである。最終章を読むためだけに、購入しても良いのではないだろうか。そんなことを思ってしまった。 …続きを読む
    佐島楓@勉強中
    2019年10月12日
    74人がナイス!しています
  • 『ちどり亭』シリーズが大好きなのですがこの新作もとても良かった!筆耕士のお仕事ライフ、漢字、特に人名についての薀蓄が新鮮で面白かった。生真面目で奥手で頑固な彼女が内に隠し持っていた秘密と想いに胸が痛く 『ちどり亭』シリーズが大好きなのですがこの新作もとても良かった!筆耕士のお仕事ライフ、漢字、特に人名についての薀蓄が新鮮で面白かった。生真面目で奥手で頑固な彼女が内に隠し持っていた秘密と想いに胸が痛くなりました。共犯意識というのはなんか理解できる。都築先生の優しくて真面目でなんか押しの弱そうなところも良いですねえ~多分気持ちは一方通行ではないと思うのだけどどうだろう?先生の前の奥さんのことや過去の事件や気になるのでぜひ続編を読みたい。三島の街の描写も素敵でした。文緒さんの親と祖父母も個性的で面白いな…。 …続きを読む
    ゆり
    2019年10月31日
    15人がナイス!しています
  • 素敵な小説に出会えました。文字を書くのが好きな内気な女性、文緒は筆耕士。珍しいお仕事に対する知識や文字の素敵さ、書くことの楽しさ、墨の匂いなど優しい雰囲気。密かな恋心を抱く先生・都築との相思相愛(多分 素敵な小説に出会えました。文字を書くのが好きな内気な女性、文緒は筆耕士。珍しいお仕事に対する知識や文字の素敵さ、書くことの楽しさ、墨の匂いなど優しい雰囲気。密かな恋心を抱く先生・都築との相思相愛(多分)にも関わらずむずむずした感覚は、十三さんならでは。C.T.Sのアレです。想い合う二人の距離感の表現が絶妙。幼馴染の弟分が人気アイドルだったり、祖母が自由人だったり伏線は完璧。ラストはばっさり中途半端で終わりましたが、C.S.Tも1巻の表記が無かったので、2巻が出る事をファンとしては待ちます。 …続きを読む
    どんぐり
    2019年10月30日
    14人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品