かくしごと承ります。 ~筆耕士・相原文緒と六つの秘密~

かくしごと承ります。 ~筆耕士・相原文緒と六つの秘密~ 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年09月25日
商品形態:
電子書籍

かくしごと承ります。 ~筆耕士・相原文緒と六つの秘密~

  • 著者 十三 湊
発売日:
2019年09月25日
商品形態:
電子書籍

文字には“想い”と“謎”が込められている

 筆耕士、相原文緒。彼女の仕事は、卒業証書や招待状の宛名などを、毛筆で書くこと。
 内気で真面目な文緒は、憧れの先生・都築尚之から請け負った数々の仕事を丁寧にこなしていく中で、文字にまつわる不思議な謎に、しばしば遭遇するのだった……。
 文字。そこには、使う人の“想い”はもちろん、長い歴史に培われた知られざる“秘密”も潜んでいる――。
 文豪たちに愛された静岡県三島を舞台に繰り広げられる、インテリジェンスあふれたミステリーを、ご堪能あれ。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「かくしごと承ります。 ~筆耕士・相原文緒と六つの秘密~」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 筆耕士という文字を扱う仕事であり、なおかつ文字に込められた人の思いを読み取る能力がある女性・文緒が主人公。題材が繊細なだけでなく、内容もセンシティブで、ハラハラドキドキさせられる。文字の秘密を読み解き 筆耕士という文字を扱う仕事であり、なおかつ文字に込められた人の思いを読み取る能力がある女性・文緒が主人公。題材が繊細なだけでなく、内容もセンシティブで、ハラハラドキドキさせられる。文字の秘密を読み解きながらも、実は一番の秘密を抱えているのは文緒自身。その秘密がひどくヒリヒリズキズキするものである。最終章を読むためだけに、購入しても良いのではないだろうか。そんなことを思ってしまった。 …続きを読む
    佐島楓@勉強中
    2019年10月12日
    73人がナイス!しています
  • みんなのしごと、筆耕士。主人公始め、出てくる女性陣のほとんどが病んでるような。台所の様子見て「他の女の気配がする」なんて文章、久しぶりに読みましたよ。太宰治を筆頭に、一芸に秀で他はまるでダメ男に惚れる みんなのしごと、筆耕士。主人公始め、出てくる女性陣のほとんどが病んでるような。台所の様子見て「他の女の気配がする」なんて文章、久しぶりに読みましたよ。太宰治を筆頭に、一芸に秀で他はまるでダメ男に惚れるのか・・・ …続きを読む
    ホシナーたかはし
    2019年10月16日
    9人がナイス!しています
  • 主人公は、筆耕士の相原文緒。この本を読んで、初めて筆耕士という言葉を知った。文字に関する雑学がいっぱい載っていて、参考になった。 主人公は、筆耕士の相原文緒。この本を読んで、初めて筆耕士という言葉を知った。文字に関する雑学がいっぱい載っていて、参考になった。
    エレーナ
    2019年10月18日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品