生物学ものしり帖

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年05月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
248
ISBN:
9784040822679

生物学ものしり帖

  • 著者 池田 清彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年05月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
248
ISBN:
9784040822679

知ってびっくり。読んで楽しい! 人気の生物学者によるオモシロ講義

ゾウはがんにならない? ティラノサウルスとトリケラトプスは親戚だった!? ゴキブリは美味しい? 生命、生物、進化、遺伝、病気、昆虫――構造主義生物学の視点で研究の最前線を見渡してきた人気生物学者が、身近な話題から人類全体にかかわる壮大なテーマまでの、ちょっと「ものしり」になれる興味深い話を縦横無尽に展開。何が「わかっている」のか、何が「わかっていない」のか。両方とも「わからない」人でも楽しめる、肩ひじ張らない秀逸なエッセイ。

1 生老病死
2 オスとメスと何事と
3 進化とは何か
4 仕組みと構造
5 生態系と多様性
6 絶滅のなぞ
7 昆虫礼讃
8 食う食われる


メディアミックス情報

NEWS

「生物学ものしり帖」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 本日2冊目。図書館本。テレビでも知識豊富な面を垣間見れるが、やはりテレビで活躍しているだけあって、著書つまり話ではない文字という分野でも分かりやすいし読みやすかった。専門分野は当たり前だが、表に出てく 本日2冊目。図書館本。テレビでも知識豊富な面を垣間見れるが、やはりテレビで活躍しているだけあって、著書つまり話ではない文字という分野でも分かりやすいし読みやすかった。専門分野は当たり前だが、表に出てくる呼ばれる理由があるんだと再認識。いわゆる研究の成果発表ではない訳だから、いかに分かりやすく読者に伝えられるかは非常に重要だと思うので、入り込みやすいジャンルだったとはいえ、流石だと思いました。ただ、この著書読んだからと言って、大嫌いなゴキブリをペットにしたいとか食べたいとは全く思わなかったです(苦笑)。 …続きを読む
    ら゛
    2019年06月30日
    10人がナイス!しています
  • テレビでお馴染みの池田先生による生物の雑学をまとめた本。各文章の最後が「〜かもしれないね」で終わることが多いのは、元がメルマガだった名残か、テレビの口調を思い出して妙におかしかった。生物全般の造詣が深 テレビでお馴染みの池田先生による生物の雑学をまとめた本。各文章の最後が「〜かもしれないね」で終わることが多いのは、元がメルマガだった名残か、テレビの口調を思い出して妙におかしかった。生物全般の造詣が深いのは当然として、特に昆虫に対する偏愛ぶりが垣間見えるのは微笑ましい。また現生人類がネアンデルタール人由来のDNAを持つ遺伝子汚染の産物にも関わらず、純血主義に極端にこだわり排斥しようとするのは如何なものか?とする主張には頷いてしまう。 …続きを読む
    AU.Step
    2019年08月10日
    5人がナイス!しています
  • 池田センセの生物の話。世間的にはホンマでっかTVのおじさんで、昆虫の話をすると止まらない人。そのとおりで、虫の話が多い。属とか目とかの話、自然選択ではない進化の話など、池田先生節はあちこちに。ホンマで 池田センセの生物の話。世間的にはホンマでっかTVのおじさんで、昆虫の話をすると止まらない人。そのとおりで、虫の話が多い。属とか目とかの話、自然選択ではない進化の話など、池田先生節はあちこちに。ホンマでっかTVの動物園ロケの話も。遺伝子混雑の人類としては、オオサンショウウオのハイブリッドなど意に介さないのが本当ですわな。 …続きを読む
    takejin
    2019年07月03日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品