本当のことを言ってはいけない

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年01月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
224
ISBN:
9784040823119

本当のことを言ってはいけない

  • 著者 池田 清彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年01月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
224
ISBN:
9784040823119

健康長寿の裏側から亡国の安倍政権まで、独自の視点で世間のウソを見抜く!

現在、日本の85歳以上のうち約5割は認知症である。学校はほぼ最悪のブラック職場になりつつある。近い将来、エリート層は国外へ逃亡する――
「日本すごい」と馬鹿の一つ覚えみたいに騒ぐけど、本当に「すごい」のは日本の凋落速度だ! 人気の生物学者が、独自のマイノリティ視点で快刀乱麻を断つ。世間にはびこるウソと無駄を見抜くエッセイ。

1 生と死の意味について
「物事にすべて意味がある」は妄想だ
老化に進化論的な意味はない
老人になって生き続けるのも大変だ
記憶と死の恐怖
ヒトは酒だけの食事でも生きていける!?

2 AIと私たち
AIの未来
AIは人間を超えるか
AIは格差を固定する?
AIがもたらす不労社会
遺伝子とAI

3 市場原理と成果主義
教育に市場原理を持ち込む愚行
何事もほどほどに
国民の知的レベルの二極化
効率第一主義は国を亡ぼす
無駄働きの強制が日本を滅ぼす

4 動植物散策
多摩動物公園に行ってみた(1)
多摩動物公園に行ってみた(2)
ネキを採りに沖縄に行く
生物の進化パターンは予測可能か
外来種は悪者なのか

5 短絡的正義がもたらすもの
遅きに失した国際捕鯨委員会脱退
未来展望なき虚勢による日本の衰退
優しくていい人ばかりの国は亡びる
老人を無理やり働かせるのはやめよう
加藤典洋『戦後入門』を読む


メディアミックス情報

NEWS

「本当のことを言ってはいけない」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 池田さんの本をいくつか読んでいたのですが今まではご専門の分野の生物関連の本がほとんどでした。このような分野の評論をいくつか出されていたとはじめて知りました。私と同じ年代のせいか考え方がぴったりあって読 池田さんの本をいくつか読んでいたのですが今まではご専門の分野の生物関連の本がほとんどでした。このような分野の評論をいくつか出されていたとはじめて知りました。私と同じ年代のせいか考え方がぴったりあって読んでいて何度かうなずくようなポイントがありました。ただ深く掘り下げてはいないような感じもしました。やはりご専門の動植物散策の部分がよかった気がします。 …続きを読む
    KAZOO
    2020年02月05日
    94人がナイス!しています
  • 既存のやり方、あり方を見直し、大胆さを厭わないくらいでないと、日本は終わっちゃうんだろうね。ところで、著者がこの本の中で言ってるように、タイトルは編集者が売れるように付けてくれるんだね。それにしても、 既存のやり方、あり方を見直し、大胆さを厭わないくらいでないと、日本は終わっちゃうんだろうね。ところで、著者がこの本の中で言ってるように、タイトルは編集者が売れるように付けてくれるんだね。それにしても、この本のタイトルは大袈裟。 …続きを読む
    としP
    2020年03月18日
    8人がナイス!しています
  • 自然生態学をやっていると、世間一般で言われている『人間だけは⚪︎⚪︎』という話が馬鹿げて見える。『地球が今危ない!』も、長い目で見てみればもっと酷い時期があったわけで、地学をやらない学生が増えたから変 自然生態学をやっていると、世間一般で言われている『人間だけは⚪︎⚪︎』という話が馬鹿げて見える。『地球が今危ない!』も、長い目で見てみればもっと酷い時期があったわけで、地学をやらない学生が増えたから変な話になっているんじゃないのかなぁと思ってしまう。池田先生の書き口は挑発的かもしれない。だけど、世間一般の(固定化された)考え方、その目先を少しずらす人って大切だな。多様性を叫びながら画一化していく現代はすごく怖いから。 …続きを読む
    Aki.S
    2020年02月24日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品