試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年09月08日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
224
ISBN:
9784040822471

いい加減くらいが丁度いい

  • 著者 池田 清彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年09月08日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
224
ISBN:
9784040822471

今日一日楽しければ文句はない――ジタバタしない生き方教えます。

バカが物言うネット社会、他人の恣意性の権利を縛る法律やルール、首相が平気でウソをつく国、老人や弱者に幸せのない未来――70歳をすぎ、定年を迎え、今や立派な老人になったからこそ分かる「言ってはいけない本当のこと」を直言。世の欺瞞に流されず、毎日をダマシダマシ生きるための、ものの見方や考え方のヒント伝える「人生の処方箋」。

ボケ老人の行方/LGBTと日本社会/人は何に騙されるのか/ふるさと納税/ファンタジーを真面目に信じる人たち/自動車の未来/家事力と主婦の脳/真贋と希少性について/定年を迎えて昔のことを振り返る ほか

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「いい加減くらいが丁度いい」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「いい加減くらい」が丁度よくても、その「いい加減」を「良い加減」にするのが難しいコンプライアンス至上主義な世の中になってしまったな、と思う。言論の自由があるのに、何を言っても炎上したり訴えられたりしそ 「いい加減くらい」が丁度よくても、その「いい加減」を「良い加減」にするのが難しいコンプライアンス至上主義な世の中になってしまったな、と思う。言論の自由があるのに、何を言っても炎上したり訴えられたりしそうで、自分の好きなものの話さえも控えてしまう。リバータリアリズムがもっと社会に浸透してほしいなぁ、とぼんやり期待だけでもしておこうか。 2018年に出版されたこの本。隙あらば安倍批判をねじ込んでくる。この頃から安倍も菅も嫌いみたいだが、菅政権になった今、著者はどんな気持ちなのだろう? …続きを読む
    クドアンヌ
    2020年12月15日
    3人がナイス!しています
  • はっきり言って本選びを間違えた。序盤を読んで早々と「この本は批判的な目で読もう」と決めた。 何はなくとも本選びについての反省点。①著者プロフ、経歴をちゃんとチェックしなかった②本文が書き下ろしなのか収 はっきり言って本選びを間違えた。序盤を読んで早々と「この本は批判的な目で読もう」と決めた。 何はなくとも本選びについての反省点。①著者プロフ、経歴をちゃんとチェックしなかった②本文が書き下ろしなのか収録元があるかをチェックしなかった(まさかメルマガの使い回しとは。)③著者の過去の発言内容や炎上の有無について調べるべきだった。 老人社会の問題に対する傍若無人な開き直り。隙あらば挟まれるねちっこい個人攻撃。世の中が自分の思い通りにならないのを「利権」で無理矢理説明する。これをよくそのまま本にしたな、って感じ …続きを読む
    yw_revolution
    2019年10月31日
    2人がナイス!しています
  • 規則や決まりで物事を囲い込もうとすると、かえって上手くいかない。我々の業界でいえば、発達障害と診断することなんかもそうかもしれない。診断のデメリットは色々あるが、最近とみに感じることは、我々の人を見る 規則や決まりで物事を囲い込もうとすると、かえって上手くいかない。我々の業界でいえば、発達障害と診断することなんかもそうかもしれない。診断のデメリットは色々あるが、最近とみに感じることは、我々の人を見る目の能力がどんどん退化しているような気がする。診断した時点で、人を見る目機能がストップしてしまうから。 あとは、日本が崩壊することに対しての諦めが、散りばめられていて気になった。 …続きを読む
    Asakura Arata
    2018年09月17日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品